しゃんろんさんの提案にのっかってみる

残り99998にするために(^_^)

では 私の楽しみ方です

案外こういう方もいるのでしょうが、いろいろ気にしてかけない部分だと思うので…あえて書きます

それは 既存の巨大勢力アイドル との戦い であるという楽しみ方です

いつの頃か(知っていますが^^;)、素人臭さや未熟なものがアイドルの魅力という定義に置き換えられてしまって
(まぁそれを愛でるのも楽しみなのでしょうが)

もう、そういうのはいいや…っていう人たちは洋楽やジャズ・クラシックに行くか、過去の名作を繰り返し何度も何度も聴くようになり… その後に登場してきた歌姫といっても…海外のものに匹敵あるいは越える可能性を見出だせるほどの個性的なものはなくて…

そこに、ROCKの中でもかなり高等な演奏技術が必要なヘビーメタルのスタイルで 狼煙をあげたのが三人の少女

巨大勢力アイドル からメタルの復活(これはメタルだけではなく虐げられてきた(^_^)多くの音楽の熱き魂)を目指して小さなアイドルのステージで最初の狼煙を上げ…それはやがて…小さなライブハウス…そして…

最初、リップシンクだったことも計算だったと思えてしまう

最初、骨さんエアーバンドだったことも計算のように思えてしまう

だって、最初の対戦はアイドルのステージだったから…

やがて、世界各地でモッシュシュメイトたちが小さいながらも狼煙を上げ始める

そしてそれはやがて大きな炎となり… あとは御存知の通り

メタルバンドとの対バンを経て 遂に神々との本番にたった

そんなふうに物語を楽しむのも醍醐味だと思いますよ(^_^)