楽しむためのご提案 その2 ~聴いて良し~

楽しむためのご提案 その2 ~聴いて良し~

その1につづいて楽しみ方をご提案!!!その2!!


 

先回は「楽しむためのご提案 その1~メタルなの?アイドルなの?~」というタイトルで「BABYMETALは既存のジャンルに縛られず、自由に楽しめるものですよ」ということと「メタルなのかアイドルなのかと議論する時点で楽しみの一つなんですよ」なんて偉そうな挨拶をさせていただきました。

そして第2回目の今回から3回に分けて「聴いて良し!見て良し!暴れて良し?」とテーマを決めて、少しだけ具体的なお話をします。最近ベビメタに興味をもった方だけでなく「なんかよく分からなくなってきた」と迷い始めた方にも読んでいただけたら幸いです。

 

さて、まずはテーマについてですがコンセプト?は先回から引き続き「楽しみ方は百万通り」を基本としていますが、「(ベビメタを)聴く、見る、暴れる」に焦点を合わせていきたいと思います。
テーマの「聴く、見る、暴れる」を次のようにします。

  • 聴く・・・・・ 音楽をCDやライブを聴く
  • 見る・・・・・ ライブ(ビジュアル)を見る
  • 暴れる・・・ ライブで暴れる(在宅含む。)


簡単に言えばこんな感じでしょうか。「こんなのライブに行けば全部わかるんだよ!!」と声が聞こえてきそうですが・・・。あえて!その「ライブに行けば全部わかる」を3つに分けることで、”楽しむためのご提案”をしたいと思います。そしてこれを読んでから、iPodで、パソコンで、テレビで、ベビメタを見て少しでも新たな発見があれば幸いです!!!

といっても、音楽の知識も企画の知識があるわけでもないのですが。。。。ε=\_○ノ イヤッホーゥ!


 

■「聴いて良し!」

今回はひとつめの「聴いて良し!」についてです。私のご提案は「聴く」ことは間違いないのですが、「見る」要素を少し入れて「考えながら聴いてみる」についてお話いたします。

まずはじめに、みなさんはBABYMETLを何で知りましたか?ちょっと思い出してみてください。

そして、次に「しっかりと最初に聴いた曲」はなんでしょうか。『イジメ、ダメ、ゼッタイ』ですか?『ギミチョコ』ですか?それとも『メギツネ』でしょうか。それとも「ド・キ・ド・キ☆モーニング」でしょうか。そしてそれを初めて聴いた時、どんな印象であったか、どんな気持ちになったか少し思い出してみてください。

きっと「変わった曲だな~」や「意外と本格的な楽曲だな~」なんて色々な印象ではないでしょうか。中には「そういえばこの時はこう思ってたんだよな~」とシミジミされ方もいるはずです。ちなみに、私が初めて聴いた曲は、Twitterのさくら学院父兄のフォロワーさんがアップしていた『いいね!』の動画でした。

正直、はじめて『いいね!』を聴いたときは「メタルっぽいし、結構音楽かっこいいけど、なんだこれ」が当時の正直な感想でした。それでも、今では熱狂的なBABYMETAL好きになっているのは一曲との出会いでした。それが『ヘドバンギャー!!』の音楽、とりわけ「歌詞」の虜になりました。

“上手(こいや!)下手(こいや!)直立不動 仰け反り
逆ダイ(からの)柵ダイ(からの)コロダイ(からの) 折りたたみ”

37ad3824

ヘドバンギャーは「ヘドバン」に着目したユニークな歌詞と音楽

 

おそらく、初めて『ヘドバンギャー!!』を聴いた多くの方は「カミテ?ギャクダイ?サクダイ?」と疑問に思ったのではないでしょうか。これは主にヴィジュアル系バンドのライブ特有の専門用語なんです。アイドルライブの「ケチャ」や「推し」など専門用語があるようなものですね。

私は、ベビメタを好きになる少し前からヴィジュアル系バンドをよく聞いていたこともあって、まず「ヘドバン」と「バンギャ」のワードに興味をもったことをきっかけに、じっくり曲を聴き、歌詞に魅了されました。
そして間奏の「アタマアタマタマー」の煽りは、まさにヴィジュアル系バンドのライブで耳にする「頭ふれえええ!」といった煽りに似ていて、鳥肌がたったのを覚えています。(「ヘドバンギャー」の関係についてはまた改めて別の投稿で…)

ベビメタの魅力のひとつは、作りこまれた音楽や、かっこいいベースラインに、突き刺さるドラム、そして忘れられないギターなど音楽も魅力的ではありますが・・・

歌詞」もBABYMETALの魅力のひとつであると思っています。

歌詞について全てを語ってしまっては、「新しい発見」がなくなってしまうので、是非とも改めて歌詞を意識して聴いて、ご自身で確認してみてください。きっと「あ、これおもしろいな」といった新たな発見があると思います。ひとつあげるのであれば『イジメ・ダメ・ゼッタイ』のワンフレーズ「いとしくて せつなくて こころ強くて」なんて、私の年代ではニヤニヤしてしまうネタですね(笑

さて、冒頭でもお話した通り、私は音楽の知識はほとんどありません。ド素人の私ですが、歌詞以外に、音楽(メロディ)に少しだけ触れるのであれば、こういった聴き方はどうでしょうか。

『ド・キ・ド・キ☆モーニング』から『4の歌』と『悪魔の輪舞曲』まで発表された順番に聴いてみて、音楽の変化を比べてみる。

改めて聞き直すと「当初ってすごく可愛い雰囲気の楽曲なんだな」「ヘドバンギャーで少しかわったな」「Catch me if you canはぶっこんでるな」なんて新たな発見がきっとあります。

ちょっとしたネタが豊富な歌詞、かわいらしい単語が散りばめらた歌詞。それのために用意された「メタル」や「ロック」といったメロディから、紅月のような綺麗な音楽。はたまた4の歌のように「メタルじゃなくない?」のメロディの融合は非常にユニークです。

おそらく、「BABYMETAL」だから成し遂げられるごちゃまぜな楽曲たちが集まっているのでしょう。そんな楽曲達を私が今回ご提案した「歌詞を意識する」・「音楽の変化」の2点を少し頭の片隅ににおいて聴いてみてください。もちろんライブ映像だって構いません。その中で「あ!こんな歌詞あったんだ!」「こんな音楽だったんだ!」「こんな音あったんだ!」と少しでも発見して、ベビメタの魅力をさらに見つけていただけたら幸いです。

babymetal_lady_gaga_tour

BABYMETALの楽曲は海外をも魅了している。

 

さて、今回は「聴いて良し!」について長々とお話をさせていただきましたが、いかがでしたか?少しでも楽しんでいただいて「なるほどな」と思ってもらえたら嬉しいDEATH!
それでは次回は「見て良し!」についてお話をしたいと思います。それでは、次回お会いするときまで~~

( ´Д`)ノ

Share this Story

Related Posts

One Comment

  1. ぶうたんのDIET

    2014年10月22日 at 5:33 PM

    楽しく記事を読ませてもらいました!
    私は当初から知ってるので「ドキドキモーニング」が初めての曲です。
    聴いた時はとっても斬新的で新鮮だぁと思いました。
    歌詞カードを何度観直したか。
    いろんな妄想をねってました。
    彼女たち3人がどんなかんじかな、とか、どういうふうにおもているのかな、とか。
    興味を持ってくれた人に勧めるのは「イジメ・ダメ・ゼッタイ」です。
    でも、ヘドバンギャーはよく聞きますね。
    ベビメタ踊りには最高なので!
    18切符が当時ユニットの切れ間だったのかなぁと聴いてます。
    今は世界的を動かすほどになったのでどうなのかわかりませんが。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>