モッシュメイト増殖作戦~切り札は先に見せるな~

モッシュメイト増殖作戦~切り札は先に見せるな~

こんにちはMETAL RESISTANCEです。
もうすぐNY公演、LONDON公演と予定されているのに、何も公式アナウンスがなくてさびしいばかりですね。今回はLV(ライブヴューイング)ないんでしょうか。

さて、最近BABYMETALを知った方、好きになった方いらっしゃると思いますが、周りにBABYMETAL好きの方はいらっしゃいますか?自分の周りではなかなか「職場や友達でBABYMETAL好きな人がいない」と嘆いている人が多くいます。

今日は、そんなあなたにメタレジ流「友達へのBABYMETALプレゼン作戦」を伝授しようと思います。わたくし、なんだかんだと周りにBABYMETAL好きを増やしておりまして、前回の幕張ではお友達1人と、前の会社の上司を1人初参戦させました。
他にもBABYMETALいい!と言い出した人もいたり、なかなかMETAL RESISTANCEに貢献しているかと自己評価しております(笑

悪い例

まず悪い例から。
ポイントとしましては以下があげられます。

・前のめり過ぎ、語り過ぎ
・プロフィールから語る
・主観で話すぎる

例:
レジ「あのさ、あのさ。
最近BABYMETALって”アイドル“を知ったんだけど、最近凄くはまっててさ!知ってる?」

お友達「知らない。どんな子たち?」

レジ「”3人組の15~6歳の女の子“のユニットなんだけど、メタルの曲で歌って踊る子たちなんよ。ボーカルのSU-METALは歌もうまくて美人で、その横で踊るYUIMETALとMOAMETALは天使みたいなんだよ!」

アイドルにもメタルにも興味が無い人に向けてプレゼンすることを前提にしていますが、この攻め方は非常に成功率が低いです。基本的に人は他人の趣向に興味はなく、貴方が如何にBABYMETALの3人を可愛いと思っていても、知らない人からすれば「ふーん」という印象以上にはなりません。
さらに「あ、アイドルなんだ」とか「子供なんだ」とか、人によってはネガティブになるような情報を先に入れてはなりません。
この後、Youtubeを見せて「ガーン!」とヒットする人もいるかもしれませんが、動画・写真に行くまでにいかに相手の興味を引くか、がポイントになると思います。
仕事で営業をするにせよ、異性を口説くにせよ、前準備は大事なのです!

基本戦略

自分のやり方は悪い例と全く逆で、客観的なことから少しずつ情報を開示していきます。

たとえばBABYMETALを紹介するときに、BABYMETALの上げてきた成果だけを言うと、「なんだそれ!?」っていう印象になります。
たとえば。

1.武道館公演2日間やって2万人集客したユニットである。
2.レディ・ガガの”アメリカ公演”の前座をやったユニットである。
3.ヨーロッパ公演を観光し、各地で売り切れ
4.Youtubeの動画再生回数1600万回再生

 

だいたいこれだけ言うと、大概のひとは「すごいやん!」という反応になります。
そこまでセットです(笑

特に1、2はインパクトが強いらしく、「武道館」「ガガ!」は強力なワードです。
まず、これだけ言います。「BABYMETAL」というワードは出してもいいですし、出さなくてもいいです。「彼女たちがなしたこと」だけを言います。

どうせアイドル」とか「どうせ子供」とか、そういう先入観を持たせないためです。
一度「すごいね!」といったことに対して、「アイドルだから」という理由で「ダメ」にひっくり返せる人は少ないです。もしアイドルという言葉で手のひら返す人は、さぞアイドルに恨みのある人な気がします。

そういうすごいユニットにはまってるんだよ!というアピールをしたうえで、BABYMEATLの素性を伝えます。そこからは「アイドルであること」「ティーンの女の子であること」「3人の魅力」「神バンドのすごさ」などをどんどん出していきましょう!!

必殺コンテンツ

いくつかBABYMETALをプレゼンするときに、「これみせとけ!」というキラーコンテンツがあります。それを紹介しちゃいます!

・BABYMETAL3人の写真:
お気に入りの一枚をどうぞ!
IMG_0019.JPG

・Sonishphereでの一枚。
この一枚のオーディエンスの数はかなりインパクトあります。
IMG_0068.JPG

・SonishphereプロショットYoutube
これもオーディエンスの盛り上がりがかなりインパクト◎!

・ギミチョコYoutube
言わずと知れたギミチョコMV!
「これで世界に一気に広まったんだよ!」という解説も忘れずに!

・武道館での一枚
BABYMETAL専属カメラマンDanaさんの一枚。
「もうBABYMETALのライブはすごい盛り上がりでね!もうアイドルのライブっていうよりメタルバンドのライブだよ」みたいな解説をつけて!
IMG_0111.JPG

いかがだったでしょうか!
なんだか書いていて、ネットワークビジネスとか怪しい勧誘のマニュアルみたいだなぁなんて思ってしまいましたが(^^;
伝え方ひとつでBABYMETALがいかにすごいか!ということを伝えられるかと思います。基本は相手がどういう人か観察しつつ、その人にあった攻め方をするのが正解なのですが、まず基本としてはこういう戦略もありだと思います。

そして、最初に必殺コンテンツはださないのがおすすめです。
切り札は先に見せるな。見せるならさらに奥の手を持て。
を格言としていきましょう。

それではMETAL RESISTANCEのメンバー各位。持ち場にて各個ターゲットを仲間に加えるように!
See You!

Share this Story

Related Posts

2 Comments

  1. CERAMIC-METAL

    CERAMIC-METAL

    2014年10月18日 at 11:19 AM

    では…私の方法

    ○インディーズの時にYouTubeで東南アジアで注目を浴びたユニット
    ○メジャーデビューするも日本のマスコミからは黙殺されている
    ○アルバムを日本でのみ発売 だが全世界各地のiTunesROCK部門で1位から3位を独占
    ○それでも日本では一切注目されない
    ○日本メタルの祭典ラウドパークに出演 女の子のグループであることから出演をバッシングしていた人達が多かったが、いざ舞台に登場したら入場規制がかかった満員の観客を熱狂
    WODまで起こる
    ○日本のロックフェスを制覇した後に日本武道館2daysを奇抜な演出で絶賛される
    ○そこで日本での活動に見切りをつけて、欧州で勝負に出る
    ○武道館公演終了後に発表されたシングルライブPVがわずか4ヶ月で1000万回再生
    ○プログラムで再生回数を操作されたいくつかのステマへの対策が取られた後でのこの再生回数は驚異的であるが、日本では何故か評価されない
    ○しかし欧州Tourのライブハウスでのコンサートチケットは瞬殺 会場によってはグレードアップするが焼け石に水だった
    ○英国の老舗ロックフェスティバルで本場の6万人のメタル野郎を熱狂させる
    ○しかしやっぱり日本ではあまり注目されない
    ○レディー・ガガが彼女たちに直接交渉して自分の全米Tourのうち5公演の前座をお願いする
    ○まだ学生であり、メンバー三人のうち二人が他のユニットの主要メンバーであることから断ることも考えていたようだが、レディー・ガガの熱意に折れたようである
    ○カナダでのロックフェスフェスでも熱狂を産み、米国公演のチケットは瞬殺
    ○ちなみに、サポートメンバーの演奏は超絶技巧である
    ○CD発売をしていないにもかかわらず、Billboardのヒットチャート200位に入る
    ○これは集計方法から考えても驚異的な記録であるのに…日本でのとりあげ方は なぜか なぜか小さい

    ○ いい忘れていたが 女の子三人の平均年齢は15歳である
    ○こんなユニットがいるけど…まさか…君は知らないの?

    ○アイドル? こんな凄い連中をアイドルと呼ぶなら 本物のアイドルと呼ぶべきだろうね

    といって後ろを振り返らずにバイクにまたがって走り去る

    Reply

  2. ぶうたんのDIET

    2014年10月22日 at 12:52 AM

    私の一番身近な人はレジさんのようにプレゼンして、
    こないだのさり気なく新聞貼ってあったりして
    「凄いねぇ!ベビーメタルって世界でこんなに凄いんだぁ」
    って言ってもらってます。
    ただ、理由があって一緒に行くことが出来ません。
    実家の方では皆関西に流れてしまって家庭もあり一緒にLIVEに行くのも難しいです。
    幼なじみも関西で同じく難しいです。
    ただ、レジさんのように4つは言います。
    すると興味は持ってくれます。
    Youtubeなど観て、「いいねぇ」といってもらえると嬉しいです。
    ただ、会えないし、LIVEにも一緒に行けないのが残念です。
    めげずに、布教活動続けていきます!

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>