【ベビメタ・ビヨンド】他アイドルへ伸ばす触手 後編

BABYMETALに飽きたらず,もっと知らないセカイ見たい!見たい!と,他のアイドル楽曲を,ちょっとだけ食べちゃおう!!してしまった私の告白.後編DEATH.(前編はこちら

その4 激動プログレッシブ/PassCode

大阪発の4人組PassCode.イントロ,一瞬,ん?がナウシカか?と思ったのもつかの間,本気シャウトが炸裂する.我らがBABYMETAL「いいね!」のとんでもないカオス感を思い出す,曲の唐突な展開の連続.さながらマキシマムザホルモン meets アイドル,といった趣.他の曲にも共通して,EDMっぽさが多めなのが特徴だろうか.

 

 

その5 暴虐-PARASITE-/FRUITPOCHETTE

実は前編を書いている途中に偶然に発見したのがこのFRUITPOCHETTE.調べてみると,愛媛のローカルアイドルグループの2人組.愛媛で活動するひめキュンフルーツ缶というローカルアイドルの姉妹グループということらしい.[1] まず何と言っても,曲がしっかりメタルしている!いいじゃん(マーティ風)!!メジャーでデビューしていておかしくないクオリティだと思うのだが,まだインディーズのようだ.ベビメタやデスラビッツにあるなんじゃこりゃ,という感覚は希薄だが,イイものはイイ.デジタルコアといったガチな感じだ.カッコイイ.検索すると地元でのステージで歌う様子の動画がいくつかヒットするが,数が少ない.

[1] http://ja.wikipedia.org/wiki/ひめキュンフルーツ缶

 

 

その6 STUPiG/BiS 新生アイドル研究会

紹介する順番にかなり苦悩したが,キョーレツ過ぎるので最後に回したのがこれ.残念ながら2014年7月に既に解散してしまったグループ.2014年1月のメジャー5thシングル.とにかくBiSはどの曲もインパクトが計り知れず,聴く者に強烈な印象を残す.取り上げたSTUPiGは激しいデジタルハードコアな一曲.一聴して明白だが,「かわいい」の要素はかけらもない…もはやアイドルでもないという指摘に頷いてしまう.一方で,もっともアーティスティックな存在だったともいえる.ダークで凶暴,ぶっ飛んだ世界観.メンバーがどれぐらいこの世界観に共感していたのかが気になる…「IDOL」という曲もかなりの衝撃だった.

 

なお,本楽曲の作曲は,あの上田剛士.BABYMETALの名詞替わりとなったあの「ギミチョコ!!」を作曲した人なのだ!

 

どうだろう,メタルアイドルの世界は実はBABYMETALに限ったことではなく,少しアンテナを広げるとなかなかどうして新しい発見がある.そしてなによりこうして寄り道をしばらくするうちに,また帰るべき場所へ足がむく.既に何百回と聴いたはずの曲が,また一層恋しくなってくるではないDEATHか!

 

SU-METALの声が,YUI,MOAの合いの手が,激しいビートと融け合う,そうロイズのポテトチップチョコレートのような中毒性.寄り道をしていたら,そろそろ症状がでてきたのではないですか?私はそろそろ限界です.というわけで,最後に今日のおクスリだしておきますね,1日3クリックほどが適量でしょうか.目指せ2000万!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>