さくら学院は知名度のないアイドル??

さくら学院は知名度のないアイドル??

こんばんは。
みなさん如何お過ごしですか?
10月も後半だと言うのに最近は暑いですね。

私はというと昨日今日と友だち、同僚に「さくら学院のライブに行ってきたぜ!キリッ」って言ったものの「だれ?知らない」と言われ「アババババ」ってなっていました。

そんなこんなでさくら学院について書きますね。
今回はレポではなく、アミューズが据えるさくら学院の立ち位置について書いてみますね。
相変わらずの妄想記事になっているので全然違うから!って感じだったら教えて下さい。

成長期限定ユニット

さくら学院は芸能プロダクションのアミューズに所属する小学生と中学生で結成されたアイドルユニットです。
これだけだったら特に珍しくもありません。
さくら学院の一番の特徴は見出しにも書いた“成長期限定”というところにあります。

先ほどさくら学院は小学生と中学生で結成されたと言いましたが、リアルな中学校卒業と同時にさくら学院も卒業しなくてはいけないのです。
なので毎年メンバーが卒業するし、転入生という形で新メンバーが参加します。

如何でしょうか?
これだけでちょっと他のアイドルとは違うなって思いませんか?

なんで成長期限定なの?

通常アイドルっていうと固定メンバーで、年齢的な上限は決めずに何年も続けていますよね?
ユニットを脱退する子ももちろんしますが、終わりが最初から決まっているアイドルって他にはないんじゃないかな?って思います。

だって固定メンバーでずっと続けた方がファンがつきやすいですもんね。
アイドルの場合はグループにファンがつくことよりも、人につくことが大多数だと思うんですよね。

また運営側にとっても長く続けてもらいたいと思っているはずなんです。
個人にファンがたくさんついてるアイドルには特に。
その理由は単純で運営はお金を稼がなくてはいけません。
たくさんのファンを抱えてるってことは、それだけその子を応援しにファンはライブに行きますし、新しいグッズが出たら買いますもんね。
人気のある子がいなくなったら、それだけ見込んでいた収益が下がってしまうので辞めてもらいたくないと思うのが当たり前だと思います。

けど、さくら学院は最初から終わりが決まっている。
これが意味するのはアミューズはさくら学院でお金儲けは(そこまで)考えていない、ってことなんでしょう。

なんでさくら学院を結成したの?

さくら学院で儲ける気が(そこまで)ないなら「何のためにアミューズはさくら学院を立ち上げたの?」って思いますよね。
だってアイドルを続けさせるにも維持費が掛かりますからね。

それは彼女たちに“成長してもらうため”に他ならないでしょう。
簡単に言ってしまうと、彼女たちの将来のために投資をしているんです。

このやり方は体力のないプロダクションには出来ない、アミューズだから出来る方法だとは思います。

アミューズはさくら学院を本当の学校として据えているのではないでしょうか?
そうスーパーレディになるための学校として。

彼女たちには未来がある

では、さくら学院を卒業したらどのような道を歩むのでしょうか。
2011年度に卒業した武藤彩未、三吉彩花、松井愛莉のように女優や歌手、モデルで活躍していたり、2012年度に卒業した皆様ご存知の中元すず香のように歌手として活躍している人もいる。

さくら学院では普通の学校では教えてくれないことを、たくさん教えてると思います。
歌やダンスはもちろんトーク、演技そして舞台度胸など芸能活動を続けるに必要なことをさくら学院の期間を使って教えているんだと思います。

アミューズなら事務所の猛プッシュで露出することはできると思うんですよね。
けどそれはせずに、ちゃんと若い頃に彼女たちの地盤をしっかり作ってる。
これはさくら学院を卒業した後の彼女たちのために他ならないですよね。

つまりどういうこと?

結論を言うとアミューズはさくら学院の知名度の上げるために、売り上げ出すために結成したわけではないってことです。

むしろ『さくら学院の◯◯』というイメージを付けたくないのではないでしょうか?
さくら学院に所属していたことがデメリットなのではなく、個人を輝かせるために。

さくら学院は知名度がないわけではないです。
知名度を上げる施策を敢えてしてないのだと私は考えています。

最後に

このエントリーでちょっとでもさくら学院に興味が出た方は一度でも良いのでさくら学院に足を運んでみて下さい。
中学生三年生までという期間限定だからこそ、彼女たちは目の前のことに対して本気だし、父兄(ファン)に対して感謝しているんだと思います。
だって終わりが決まってる自分に、この期間だけ応援してね、なんて普通言えませんからね。

『さくら』の名の通り短い期間だけど、見る人に笑顔を届けるために一生懸命に花を咲かせる彼女たちは、本当に儚くも美しいと思います。

さくら学院に出会えて良かった。

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>