黙示録 紅の聖戦士と二人の守護天使

黙示録 紅の聖戦士と二人の守護天使

皆さんはノストラダムスの大予言をご存知ですか?


 

1205f915

ノストラダムスの大予言とはフランスの医師であり占星術師でもあったノストラダムスが著した

『予言集』(初版1555年)において人類滅亡を予言したものである

1999年の7の月

天から恐怖の大王が降ってくる

アンゴルモアの大王をよみがえらせ

その前後の期間 マルス(火星)は幸福の名のもとに君臨するだろう 

『予言集』 X-72

 

そう奇しくもYUIMETAL&MOAMETALが地上に光臨した時期とぴったり符合するのです。

水野由結 YUIMETAL          菊地最愛 MOAMETAL

生年月日 1999年6月20日        1999年7月4日

数世紀前の予言という意味合いを考えれば数日の誤差など誤差のうちに入らず

まさにこの二人は人類を救うために先に天から使わされた紅の聖戦士SU-METAL

守護する役割の二人の守護天使なのです。(キッパリ

 

1997ym2

 

結局この1999年にアンゴルモアの大王は復活せず人類は滅亡を免れました。

ですがわたしは知っています

人間の暦で言うところの1997年、天上界ではすでに、

紅の聖戦士SU-METALが1999年の恐怖の大王アンゴルモアの復活を阻止すべく

恐怖の軍団との壮絶な戦いが繰り広げられていたことを・・・

何故そう言い切れるのか?

 

実はノストラダムスは「ブロワ城の問答」と呼ばれるエピソードでこうも言っています。

ノストラダムスがカトリーヌ・ド・メディチに対し、

「恐怖の大王」の正体は目に見えないものだが、

「恐怖の大王」の出現の前に「別のもの」が現れれば人類は救われる

と語ったとされるエピソードが・・・

 

正にこれが1997年に地上に降臨した。

紅の聖戦士SU-METALの事だからなのです。(再びキッパリ

 

その後、天上界恐怖の軍団を撃破し人類の滅亡を阻止した紅の聖戦士SU-METALは、

戦いによって失われた聖なる力を取り戻す為と、

地上へ逃げ延び、密かにアンゴルモア大王の復活をもくろむ恐怖の軍団の残党を打つべく

人間界で人という世を忍ぶ仮の姿に転生し日々の生活の中、聖なる力を充分に蓄え

2年後に後を追ってきた二人の守護天使YUIMETAL&MOAMETALと共に

由ありて結ばれ最も愛を大切にしながら、

我々、魂の汚れ切ってしまった人々再び救う為に立ち上がる事となる救世主なのです。

 

当然メイトさん達ならお気づきですよね?

普段の姿からは想像も出来ない舞台での女神SU-METAL様の神々しいお姿を・・・

彼女の魂の叫び – 紅月- によって人々は汚れきった心を浄化され涙を流すのです 。

 

1997s1

 

そして浄化された魂は、YUIMETAL&MOAMETAL二人の天使により、

人として本来あるべき姿へと癒されていくのです・・・

 

 

34274419

 

 

と、ここまで個人的妄想を述べて来ましたが今回のデロリアン(DVD)

LEGEND1997&1999を何度も観るうち、

何か不思議な感動と充実感に包まれるのは事実です。

 

1997女神SU-METAL様が歌い上げる- 魂のルフラン - と – 紅月- の尽きる事ない感動!!

1999天使YUIMETALが舞い歌う – ちょこっとLOVE -BIG TIME CHANGES ver – の愛くるしさ・・・

1999の天使MOAMETALが愛を奏でる – LOVEマシーン -FROM HELL WITH LOVE ver.- の沸き上がる愛と希望・・・

 

1997ym7

 

まさにこのDVDはアポカリプスの本来の意味

黙示録神が選ばれた預言者に与えたとする「秘密の暴露」、またそれを記録したもの。なのです。

 

我々はBABYMETALが起こすであろう奇跡の数々をこの目で見て魂に刻んでゆく預言者となるでしょう・・・

 

さぁ、LEGEND(伝説)の始まりです!!

 

 

駄文を最後まで読んで頂きありがとうございました。m(__)m

 

MAAKUN-METAL

 

 

 

 

 

 

 

 

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>