最も愛を大切にする最愛ちゃん(*´Д`*)

最も愛を大切にする最愛ちゃん(*´Д`*)

突然ですが、みなさんは『最も愛を』と聞いたら次はなんていう言葉を連想するだろうか。
そう、もちろん『大切に〜♫』である。
日◯レ系列の24時間なあの番組?って思った方は今すぐに24時間走り続けてもらいたい。
そして、本当に分からない方は今すぐにググってもらいたい。

さて、前置きが長くなったが今回はこの世の中で最も愛を大切にしている菊地最愛ちゃんことについて書きたいと思う。

20141006-163059.jpg

彼女は1999年7月4日生まれの15歳。
彼女がご生誕されたその時間は、奇跡的にも犯罪は全世界で何一つ発生しなかったと言われている。

『まさに愛の申し子の最愛ちゃん!』と世界の重鎮たちに絶賛されたのは記憶に新しい。

では最愛ちゃんは何故そこまでの力を宿して生を受けたのだろうか?
恐らく最愛ちゃんが生誕される前の年、1998年にあるギタリストが亡くなったことが原因ではないかと言われている。

そのギタリストの名は、伝説のロックバンドのギタリストHIDEである。
そのギタリストは最も人に愛され、最も人を愛していたギタリストではなかったのではないだろうか。

そのHIDEが亡くなり『愛』が失われつつあった世の中に、神が『愛』を最も大切にする少女をこの世に送り出した、と言われているが諸説あるためこれが正解という訳ではない。

20141006-163405.jpg

最愛ちゃんは神の使命を知ってか知らずしてか、幼少期から雑誌の仕事を行っていた。
そして、2007年の『ちゃおガールオーディション』で準グランプリを受賞して、神が集いし国(アミューズ)へ導かれるがように所属することになるのである。

あとはもう誰かが書いたストーリーかのように、天使を養成する成長期限定の学校『さくら学院』に入学し、部活動という名目であの三人が集結するのである。

20141006-164113.jpg

そうBABYMETALである。
元々はさくら学院重音部という名前で、彼女たちはさくら学院のステージから始まり、幾つもの試練を乗り越えて成長してきた。
そして、昨今の海外ライブツアーの成功など、日本人アーティストの中で一番と言っていい位活躍するアーティストへと成長をした。

しかし、最も愛を大切にする彼女には辛い決断があった。
それはBABYMETALの活動が増えれば増えるほど、さくら学院の活動が減ってしまう、ということだ。

責任感が強く、みんなのことを思いやる最愛ちゃんにとってさくら学院の活動が減るのはとても心苦しいこと。
しかも、今の最愛ちゃんは最年長で生徒会長でもあるのだ。
しかも成長期限定の学校なので、今年度での卒業も決まっている。

20141006-165152.jpg

このように寂しが気な表情を浮かべながら、色々なことを考えたことだろう。
何が一番良いのか、どの決断が正解なのか。そんなことは分かるはずもない。

しかし彼女は決断した。
さくら学院とBABYMETALを両立することを。
最愛ちゃんはたくさんの愛をこれからもずっと届けてくれることだろう。
その愛を受け取って、我々も愛を大切にしよう。

※このエントリーには数多くの妄想が含まれておりますのでご注意ください。

20141006-172529.jpg

Share this Story

Related Posts

One Comment

  1. ぶうたんのDIET

    2014年10月23日 at 11:57 AM

    楽しく記事を読ませてもらいました!
    もあちゃんの妄想は本当かもしれませんよ。
    もあちゃんの生まれた日が犯罪が1つもなかった日だとは初めて知りました!
    そんな幸せな日に生まれたもあちゃんはもっともっと幸せになってほしいです!
    来年は卒業と2015ワールドツアー(多分やるだろうと)控えて複雑な気持ちだと思います。
    BABYMETALとして単独になるわけだしどういった活動になるかも気になるところです。
    期間限定とは言わず、おとなになっても「BABYMETAL」は続けて欲しいです。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>