みなさまこんにちは。たか乃屋本舗でございます。

 

本日はSU-METALのビブラートに関して。

…の前に、みなさま、現在NHKで放送されている『亀田音楽専門学校』と言う番組をご覧になっていますでしょうか?

ベーシストにして音楽プロデューサの亀田誠治さんが校長(と言う体)で音楽について勉強する、ざっくり言うとそんな番組なのですが、先週のテーマが『ビブラート』でありまして、今回のエントリはそれに触発されて書いております。

この番組、2週ごとに変わるゲスト講師も交え、非常にわかりやすく音楽についてを教えてくれます。このサイトを訪れる方には「音楽(理論)に特化した公開授業」と言う言い方をすると通りが良いでしょうか?非常にオススメの番組です。

と、閑話休題。ここから本題です。

SU-METALのビブラートに関してです。

 

「ビブラートもできないやつをキモヲタどもが持ち上げ過ぎwww」や「ビブラートも出来ないくせに歌唱力とかwww」などと、アンチが批判の槍玉に挙げることの多いこの件ですが。

まぁ、ビブラートをするかしないか、のみを焦点に歌唱力の有る無し、を語ることの是非はさておき、果たしてSU-METALはビブラートが出来ないのか?

百聞は一見にしかず。改めて動画で確認してみましょう。

 

ヘドバンギャー!! LIVE with神バンド

http://youtu.be/r4PrJYD8RTo

 

してますよね。ビブラート。全てではありませんが、明らかにビブラートしてる部分があるんです。

曲の冒頭部分のみ抜き出して、する・しないを『~』『ー』で無理やり書きだすと

 

伝説の~ 黒髪を~ 華麗に乱しー

狂い咲く~ この花は~ 儚く消えるーーー

 

と“ キメ”の部分ではビブラートなしの真っ直ぐな歌唱になっていますが、その前、あまり長く伸ばさない部分では声が揺れています。

思うに、長く伸ばす部分・キメの部分に関しては、なんらかの“演出的意図を持って”、言い方を変えれば“敢えて”ビブラートをかけていないと考えることが出来るのではないでしょうか。

となると何のために?

 

ビブラートをかけることで声に『情念』が込められ、また『魂』が込められる。

逆に言えば、ノンビブラートで歌うことで『非現実的』・『非人間的』な声に聞こえる。

 

これは僕の勝手な持論ですが、ステージに『人間』がいない、『骨』『神』『キツネ』と『キツネ憑き』の『人ならざるモノ達』のパフォーマンスがBABYMETALだと考えていて。

その『人でないモノ』であることを強調する意味でのノンビブラート。そう考えると、このあたりの事がストンと腹に落ちませんか。どうですか。

キツネ様のお告げで人としての情を排除し、笑みを捨て、ただただ歌い踊る。神の巫女。美しきキツネ憑き。BABYMETAL。

 

 

……それにしてもKOBAMETAL氏のなんと有能な事か(笑)

 

と、今回はこの辺りで。

 

蛇足1.「ビブラートをかけないと音程のゴマカシが効かないので、歌い手にとって非常にリスキーな選択とも言える」とのこと。余計に歌唱力が必要ということですね。この話はゴスペラーズ先生のご意見なので信憑性(?)は高く、説得力があります。

蛇足2.LEGEND1999のヘドバンギャーでも確認しましたが、こちらはほとんどの部分でビブラートがかかっていませんでした。SU-METALの(ビブラートをかけないという)技術が向上していることの現れかも。あそこからまだ伸びしろあるのかよ…。