SU-METALビブラート考

みなさまこんにちは。たか乃屋本舗でございます。

 

本日はSU-METALのビブラートに関して。

…の前に、みなさま、現在NHKで放送されている『亀田音楽専門学校』と言う番組をご覧になっていますでしょうか?

ベーシストにして音楽プロデューサの亀田誠治さんが校長(と言う体)で音楽について勉強する、ざっくり言うとそんな番組なのですが、先週のテーマが『ビブラート』でありまして、今回のエントリはそれに触発されて書いております。

この番組、2週ごとに変わるゲスト講師も交え、非常にわかりやすく音楽についてを教えてくれます。このサイトを訪れる方には「音楽(理論)に特化した公開授業」と言う言い方をすると通りが良いでしょうか?非常にオススメの番組です。

と、閑話休題。ここから本題です。

SU-METALのビブラートに関してです。

 

「ビブラートもできないやつをキモヲタどもが持ち上げ過ぎwww」や「ビブラートも出来ないくせに歌唱力とかwww」などと、アンチが批判の槍玉に挙げることの多いこの件ですが。

まぁ、ビブラートをするかしないか、のみを焦点に歌唱力の有る無し、を語ることの是非はさておき、果たしてSU-METALはビブラートが出来ないのか?

百聞は一見にしかず。改めて動画で確認してみましょう。

 

ヘドバンギャー!! LIVE with神バンド

http://youtu.be/r4PrJYD8RTo

 

してますよね。ビブラート。全てではありませんが、明らかにビブラートしてる部分があるんです。

曲の冒頭部分のみ抜き出して、する・しないを『~』『ー』で無理やり書きだすと

 

伝説の~ 黒髪を~ 華麗に乱しー

狂い咲く~ この花は~ 儚く消えるーーー

 

と“ キメ”の部分ではビブラートなしの真っ直ぐな歌唱になっていますが、その前、あまり長く伸ばさない部分では声が揺れています。

思うに、長く伸ばす部分・キメの部分に関しては、なんらかの“演出的意図を持って”、言い方を変えれば“敢えて”ビブラートをかけていないと考えることが出来るのではないでしょうか。

となると何のために?

 

ビブラートをかけることで声に『情念』が込められ、また『魂』が込められる。

逆に言えば、ノンビブラートで歌うことで『非現実的』・『非人間的』な声に聞こえる。

 

これは僕の勝手な持論ですが、ステージに『人間』がいない、『骨』『神』『キツネ』と『キツネ憑き』の『人ならざるモノ達』のパフォーマンスがBABYMETALだと考えていて。

その『人でないモノ』であることを強調する意味でのノンビブラート。そう考えると、このあたりの事がストンと腹に落ちませんか。どうですか。

キツネ様のお告げで人としての情を排除し、笑みを捨て、ただただ歌い踊る。神の巫女。美しきキツネ憑き。BABYMETAL。

 

 

……それにしてもKOBAMETAL氏のなんと有能な事か(笑)

 

と、今回はこの辺りで。

 

蛇足1.「ビブラートをかけないと音程のゴマカシが効かないので、歌い手にとって非常にリスキーな選択とも言える」とのこと。余計に歌唱力が必要ということですね。この話はゴスペラーズ先生のご意見なので信憑性(?)は高く、説得力があります。

蛇足2.LEGEND1999のヘドバンギャーでも確認しましたが、こちらはほとんどの部分でビブラートがかかっていませんでした。SU-METALの(ビブラートをかけないという)技術が向上していることの現れかも。あそこからまだ伸びしろあるのかよ…。

Share this Story

Related Posts

10 Comments

  1. 新しい香り

    2014年11月23日 at 9:40 AM

    こんにちは。
    SU-METALを通してキツネ様が歌い上げるときは真っ直ぐな歌い方という設定ですね。
    神様の歌声なので人間臭さが無しということはよく分かります。
    自然の山の音や、風の音なのですから。
    で、THE ONE のシンガロングで観客に優しく歌いかける所ではビブラートかましてますよね。
    これは人間相手ですから。
    僕が思うにSU-METALさん、感性で歌い分けているような気がします。

    Reply

    • たか乃屋本舗

      たか乃屋本舗

      2014年11月24日 at 8:34 PM

      こんにちは。

      SU-METALの歌声は、神の声・天の声の類だと思ってます。
      THE ONEのシンガロング部分も改めて聴き直してみます!

      Reply

  2. CERAMIC-METAL

    CERAMIC-METAL

    2014年11月24日 at 12:26 PM

    あのお薬をのむときに使う でんぷん質の円形で薄っぺらいやつでしょ?
    (このボケについてこれる年寄りは何人くらいいるだろう)

    面白い考察です こういう見方は大好物です

    Reply

    • たか乃屋本舗

      たか乃屋本舗

      2014年11月24日 at 8:38 PM

      「なんだっけあれ、溶けるやつ…。カタチは浮かんでるのに名前が…。」ってなりましたw

      ビブラートに注目して歌を聴くって今まで無かったんで、自分でも新鮮でした。

      Reply

  3. INFRUENZA-METAL

    2014年11月24日 at 5:09 PM

    結局のところ、音楽は好き嫌いで判断するしかないんでしょうね。
    私の場合、ボーカルは聞いてて気持ちいいかどうかが重要てす。上手い下手は関係ありませんね。
    SU-METALの歌ももちろん気持ちいいんですが、まだまだ成長過程で、何とも言えない不安感があります。変な話、そこらへも加味されて、聞き逃せない感じです。
    将来どんなボーカリストになるのか楽しみですが、私としてはLITHT BRINGERのFUKIみたいな感じになったらいいな、と勝手に夢みています。

    間違ったBABYMETALみたいな感じですが、ボーカルのFUKIのドライブ感が凄まじい。
    https://www.youtube.com/watch?v=mu2z4Uf9Tgc

    Reply

    • たか乃屋本舗

      たか乃屋本舗

      2014年11月24日 at 8:52 PM

      仰る通り、結局のところ「気持ち良いかどうか」がイチバン重要なモノサシなのかもしれませんね。
      一音たりともはずさないからって世界的な歌手になれるわけでは無いのが難しいところで。
      SUさんの未来を思うと胸が踊りますね。

      Reply

  4. Dark★Energy

    2014年11月29日 at 5:20 PM

    ビブラート・・・ああ、去年2chでネタになってたなぁw

    ぶっちゃけていえば、訓練すりゃできるようになるでしょ。
    その上で、どう使うかは当人次第。

    SUの魅力は、技巧以前にある。
    歌に没入できる才能。
    あれはもう余人には追随できない。

    ところで、「安楽椅子メイト」なんですか?私と同じですねw
    仲良くしましょう。妄想力こそヲタに求められる才能ですよ(をひ)

    Reply

  5. dddd

    2014年11月30日 at 4:18 AM

    ぶっちゃけプロの歌手にとっては、ビブラートに限らずあらゆる歌唱テクニックを駆使しようがしまいが、聞き手がどれだけ楽しんでるかということの方が重要なんだけどね
    個人的には歌が上手いだけならSU-METAL以上の人は大勢いると思うよ。それこそプロの歌手や歌手志望の人の中では数十人か数百人に一人はいる程度のレベルかなと
    でもSU-METAL並に心にグワァっと響いてくるボーカルはプロの中でも非常に少ないし、ましてやSU-METALよりBABYMETALのボーカルに向いてる人なんて世界中探し回ってもゼロに等しいと思う
    それこそSU-METALと同等のカリスマ性を持ってる人なんて、既に歴史上の人物となった偉大な歌手たちとも比較しなくちゃいけないレベル
    だから天才と言われるんだよこの人は

    メタルとアイドルの融合という基本テーマとか、ゆいもあの異常な可愛さとか、神バンドの超絶技巧とか、楽曲の面白さとか、注目されるべき点が多すぎてSU-METALの能力は若干埋もれ気味な気もするけど、私の中ではSU-METALは今まで聴いてきた数百組の有名バンドの中でも1、2を争う超カリスマボーカリストだよ

    Reply

  6. nemo

    2014年11月30日 at 7:52 PM

    今更ですがビブラートはわざとやってないに一票
    アニソンを歌った松戸のセッションでは割と普通にビブラートつかってます
    https://www.youtube.com/watch?v=8tCXVYRATWk

    Reply

  7. pianolenon

    2015年1月17日 at 8:05 PM

    はじめまして。
    僕は、SUさんは「ヴィブラートを使う、使わない」について明確な「意識的区別」をしていないと思います。
    彼女は「自分の歌う歌は他人から見てどうなのか?」という風に「第三者的視点」から自分の歌を観察していないと思います。少なくとも歌っている瞬間は。
    また、自分の歌に酔っている訳でもなく、
    ただ、歌を歌う本能的な喜びに突き動かされて、聞き手に想いを届けようとしているのです。だから、自分の歌の「どこ」が魅力なのか? を 自分ではよくわかっていない。
    聞き手からすると、そこが一番素晴らしいポイントなのです。
    ヴィブラートを使う歌い手の心境としては、「表現の一つ」である、それ以外に
    「防御」の意味があると思います。自分の歌
    が第三者から見て「隙がないもの」であるための「ピッチ装飾」ですね。

    あともちろん、「うまく聞こえるだろう」
    という動機も含みます。
    その点、SUさんには「防御」する動機がない
    ので、そこのところに気を使う必要がない。
    彼女は「拒絶されたことのない仔犬」のよう
    に真っ直ぐに聞き手の目を見つめてコミュニケーションします。彼女のように育つ事の出来る環境は稀でしょうが、「彼女が自分の歌を装飾する必要がない」という理由が、ノンヴィブラート唱法の一因でしょうし、聞き手は「自分も幼い頃は防御していなかったな」
    とSUさんを見て引き込まれるのだと思います。だから、今後SUさんが仮に挫折したり、
    拒絶される経験をもしすれば、彼女の歌い方に変化があるかもしれません。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>