BABYMETALの魅力はライブにある

BABYMETALの魅力はライブにある

先日のSummer Sonicの放送でSU-METALが言っていたように、彼女たちの魅力はライブにある。
SU-METAL曰く、「カワイイとメタルの融合した面白いパフォーマンスや合いの手に注目して欲しい!」とのことだ。
こうして記事に書いたものを、見るよりも実際に足を運んでもらえれば百聞は一見にしかずと言うことで、あっという間に話は済むのですが、知らない人、興味はあるよという人にライブに行ってみたいなと思ってもらえればと思うので、実際カワイイとメタルの融合した面白いパフォーマンスとはなんぞやというところについて、個人的見解で述べていきたいと思います。

べびめたちゃん1

BABYMETALを好きな人なら既に周知の事柄なので触れるまでもないのですが、せっかく記事にする事、それから、ここからBABYMETALを知ってくれる人が少しばかりでもいる事を願って書きますが、その面白いパフォーマンスは=振り付けのことであり、その振り付けをしたのは、”Perfume”や、BABYMETALの母体とも言える”さくら学院”のダンスの振り付けをしているダンサー、振付師のMIKIKOさんです。
可愛らしい歌詞や、面白おかしい歌詞にピッタリとマッチするダンスは、時にアグレッシブに、時にキュートに、時にかっこよく、と様々な一面を見せてくれます。
ダンスの中心はYUIMETALとMOAMETALが担い、SU-METALを囲み、周りをヒラヒラと飛び舞う様はまさに天使のようだ。これはまさにKOBAMETALさんが意図したもので、SU-METALの歌声と、YUIMETAL、MOAMETALの天使のようなダンスが人々を虜にしている。

14645608896_103e814218_b

BABYMETALは、ライブ中にはMCを入れていない。激しいダンスをしながら、休む間もほとんどないままに、ステージが進行していくのだから、する側もみる側もまさに必死、彼女たち3人が全力で投げかけてくるパフォーマンスに、客側も全力で応える。まさに死闘、そう言っても過言ではない。
現在は持ち曲をフルに盛り込んでも1時間半のライブ。もしかしたら「短すぎる!」と思う人もいるかもしれない、でも、味わってもらえればきっとわかるはずです。「これ以上やられたら身体がもたない」と(笑)
「思い切ったことをしたいと楽曲や演出を考えても、それを体現するメンバーたちの歌唱力や身体能力、3人の絶妙なバランスが欠けていれば、うまくはいかなかっただろう。」とKOBA氏が明言しているように、BABYMETALのライブの魅力は、3人の絶妙なバランスによってもたらされていると言って間違いありません。

べびめたちゃん2

BABYMETALのパフォーマンスにおいて、YUI、MOAMETALのダンスと合いの手は、切っても切り離せない重要なファクターとなっているが、やはり1番重要なのはメインヴォーカルを務めるSU-METALの存在です。BABYMETALを結成は、SU-METALの存在なくしてはありえなかった事からも、その重要性は言うまでもないわけです。
実際のライブにおいても、可愛くキャッチーな歌や、正統派のメタル・ソング、悪魔の輪舞曲のように難しいリズムの曲と様々な楽曲を歌いこなし、16歳の女の子が、数千、数万の人を前に歌っているとは思えない迫力なのだ。
何かが憑依したかのような鋭い眼光で、ポーズを決める様は、メタル界に、新たなダークヒロインの誕生と思わず納得してしまうほどです。

SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALがそれぞれに重要な役割を持っており、KOBA氏の言うようにそれらが絶妙なバランスで体現される事で、あれだけの迫力のあるステージへと出来上がっていくのでしょう。

ここまで述べてきた部分は、彼女たち3人のパフォーマンスについてですが、演出面に関しても非常に良く練られている事が、パフォーマンスをより引き立てています。
紙芝居仕立てで進むストーリー、ライブの最後には何かしらの新たな展望が発表される事で、客側は次のライブでは何が起こるのか、この後の展開にそれぞれが妄想を膨らませることになる。
日本で外国人アーティストのライブに行く人なら、「英語がわかれば何を言ってるかわかるんだけどな」と感じたことはないでしょうか?
BABYMETALがもし、日本語でMCをしたりしていたなら、海外へ進出したときにどうなっていただろうか?
MC抜きというスタイル、英語で紙芝居仕立てのストーリーを見せる。これによって多くの外国人のファンも全容とはいかないまでも、彼女たちのストーリーを知ることができる。細かい演出の配慮が、ライブのパフォーマンスを底上げして、尚且つBABYMETALの世界観を最大限に演出しているという事がわかるはずです。
ストーリーにおいて試練を乗り越えていく3人ですが、実際に成長し、さらに素晴らしいライブを見せてくれる3人に一喜一憂する事ができるのも大きな楽しみの1つではないでしょうか?

べびめたちゃん3

そして、もう1つの重要な要素として「神バンド」の存在がある。
可愛い三人の天使たちをバックでドッシリと支えるのが神たちのお仕事。「フライングVの丘」からやってきたとされる神たちは、BABYMETALの骨太なサウンドを完全に体現してくれる。お腹にズシズシと響くそのヘヴィーなサウンドはメタルおじさんたちが生唾をゴクリと飲み込んでしまうほどに素晴らしい。
海外の頑固なメタルヘッズでも「演奏は素晴らしい」と言わしめるそのテクニックが、死闘を繰り広げる前衛の3人を支える。ブレることのない匠の技に、酔いしれるのも今ではBABYMETALのライブの魅力の1つとなっています。神バンドについては別の機会にまた語れればと思います。

と、ここまで読んでくれてる人がどのくらいいるのかはわかりませんが、ここまで読んだのなら最後にライブの動画を見て、METAL RESISTANCEとなれるはずです。

紹介するのは、今年イギリスで行われたSonisphere Festivalに出演したときに披露した代表曲「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の映像です。

と、わりと長々と書かせて頂きましたが、楽しみ方、魅力など、感じ方はそれぞれであると思いますし、そういうことを互いに話し合えるのもBABYMETALが僕にもたらしてくれた、素晴らしい贈り物です。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。See You♪

Share this Story

Related Posts

3 Comments

  1. TAISA-METAL

    TAISA-METAL

    2014年10月14日 at 7:56 PM

    すげえ!
    ヨシキの記事すげーマトモだ!!!
    共感できるわー
    いまは誰でも見れるyoutubeのおかげで映像として見せれるのがいいよね
    俺も布教活動頑張ります!

    Reply

    • Yoshiki

      Yoshiki

      2014年10月15日 at 7:24 AM

      >>>大佐
      ありがとうございます!そうですよね!昔なんかはCDを貸したり、口頭で全部話したり、まあ、そういうアナログな伝え方も嫌いではないですけど、今は、これ見とけ!これ聴いとけ!ってダイレクトにできますからね!俺は、twitterとかリア垢でBABYMETAL一色になってしまったので、名前は随分布教できましたw「最近ベビメタに夢中だよね!」って久々会う人に言われるようになったのでw

      Reply

  2. ぶうたんのDIET

    2014年10月23日 at 2:22 AM

    楽しく記事を読ませてもらいました!
    記事に同意です!
    すうちゃんのハイトーンボイスとゆいちゃんもあちゃんのキレの有るダンスは欠かせないと思います。
    MCはなく皆で全力とう言うのもベビメタ特徴だと思います。
    12月1月とLIVEを控えてますが全力投球で応援したいと思います!

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>