2014年12月7日 – 日曜日

さくら学院の『4周年記念ライブ』を観るために、途中双眼鏡を買ってから横浜へ向かった。
ディスカウントショップのおっちゃんが感じ良く、¥2,000 ~¥8,000くらいだったか
一番のオススメだと言って いくつかあった ¥2,000の種類の中から一つ選んでくれた。
(実際満足な性能だったので、おっちゃんありがとう)

電車内で見た Twitter では、卒業生の日向ちゃんがひっそり後輩たちを応援してたりして、

試験中なのに、ハッシュタグでこっそりと。
フォロワーさんからは「日向ちゃんらしくて微笑ましい^^」との声も。

応援する仲間みたいな気分になれて、いよいよ公演が待ち遠しくなり
締め切り間近の物販はザッと見て(ちょこっと買って)じっくり待機。

便乗して私のしょぼい つぶやきも貼っておこう。公演 1週間前の希望っぽいもの。

開場し入場すると、3F席の結構な高さにビックリ。

私は上手側そこそこ前で、ステージまでは近いけどそれ以上に垂直距離がすごい。
顔まで観るには双眼鏡がいるな、やっぱり買ってきて良かった、と準備万端。

TTBgtZwj

入ったときにはもう流れていた “さくら色のアベニュー” (いいぞ、すごくいいぞ)
続いて、昨年度の中三4人(ひーちゃんもいるね)による “FRIENDS – Unpluged”
次はなんと可憐ガールズ “My Wings”
生ける伝説となりつつある卒業生:中元すず香様の歌が2曲も_
最後に(ああ、コレ聴いたことあるな、3.a.m だったか、あるいは…)
と思い出そうとしてるうちに 影ナレと言うのかな?とにかくバーンと始まった

声だけでは分からなかったのだけれど、最後に教えてもらえた「12月生まれということで~」
友那乃ちゃんと愛子様だった。良かったのは “2014 Celebration in December” を
読むときにやたらネイティブチックに、イイ発音して笑いを誘ってた。しかも 2回くらいやったw

 

ついにスタート!

1. “School Days” ~ 2. “Hello!IVY”

学校のチャイムから、ピアノ+最愛会長指揮で始まる
合唱パートからドカンと盛り上がっていって 1曲目にピッタリ。いきなり強制的にテンションがあがり、
そのままノリの良い “Hello!IVY” に。私は(も、もう旗の出番か)と少し焦ったが必死に振った。

 

慌てた父兄に優しいさくらの生徒は、ここで MC を始めてくれた。
しかしいつもと違った髪型が多いせいか、どの子が誰か、慣れない双眼鏡を使いつつ必死に聴きながら観ていた。
(めぐのツインテは珍しい?友那乃はお団子、由結ちゃん片方にしばってるな、
最愛は蝶か花の髪飾りでポニテ?) → 後で最愛ちゃんのは小ぶりなリボンと判明

B4TcTs6CAAACMzY

準備万端だったくせにこちらは序盤から必死過ぎるが、
今日もまた、友那乃ちゃんは元気だった。「12月生まれといえば~、愛子にすぅさんに、
愛莉ちゃんにひなたちゃん…」
と卒業生まで含めてしっかり数えたのに 華麗にスルーされた友那乃ちゃんは「ちょっとぉ!(怒)」
下級生に挙手で発言権を主張する中3w 「友那乃も 12月なんですけどぉ!(怒)」
暗黒面やらイジられを楽しんでる様子を見せつつ

「アニバーサリーなので”お楽しみ”を用意しました!」とのこと
宣言通りここからはサプライズの連続だった。

 

3. “Brand New Day” – (自称)新聞部 (← めぐ知ってる!日誌で見た!)

莉音と、最初メガネで誰か分からなかった由結ちゃん
個人的には、だけど「(正規)新聞部より良い!」と思った。2人の声が好き過ぎるから、
ということで。ただ、後の MC で聞けたんだけど「目標は本家を超える!」だったそうで、
まずは一発目大成功だった。

 

4. “すいみん不足” – 帰宅部

友那乃、大賀ちゃん、しーちゃん
ここでも 間奏で友那乃が暴れ出した。「バランスボールで早口言葉勝負!」っぽいことをドタバタと始めて、
大賀ちゃん → 友那乃と進んだところで、突如友那乃がボールを舞台袖に投げつける(高速)
セリフが聞き取れなかったので(なんで急にキレたw)(乱暴過ぎだろw)と混乱したのは私だけじゃないはず。
無効試合かな?とにかく優しいしーちゃんが「負け」ということで、恒例のパシリとしてまり菜の代役を務めた。

 

5. “予想以上のスマッシュ” – テニス部 Pastel Wind

最愛ちゃん、由結ちゃん、莉音様、愛子様
服が可愛い。私は”スコアボードにラブがある”より好きな曲。服が可愛い。由結ちゃん可愛い。
最愛ちゃんは「やってみたい部活」で、テニス部を挙げてたことがあって(ラジオTV番組で
「ちっちゃくないで~す」のセリフが印象的な回。ソースなく、すみません)
その念願は叶ったということ。ただ、どうやら控えめな今日は、このシャッフル・ユニットで
歌ったのはここだけ。

 

6. “SCIENCE GIRL, SILENCE BOY” – ロヂカ?

Ha7 + YU7No + SaRa
まさか聴けるとは想像も期待もしてなかったので、しかもすっごく自然というか本家に負けて
なかったので本当に驚いた。ロヂカ?には他にも好きな曲があるけど、この 1曲だけでも大満足。
華・友那乃はほんと細いし、ダンスもキレイでシンクロもかなりのものだったと思う。
しかしそれでも、颯良ちゃん父兄が熱い。たしかにあの雰囲気の子がメガネに白衣というのは、
まさに”由結ちゃんに子猫”

※この曲に限らずロヂカ?は、打ち込みっぽく見せかけた生楽器の録音らしい。
最近教えてもらって、より興味深くなった。

 

7. “おねだり大作戦” – 重音部!BLACK BABYMETAL

そう、めぐちゃんがツインテだったのは ここでBBMになるためだったのだ!
というような小さなことは問題ではなく、直前ロヂカ?のサプライズを掻き消すかのような衝撃。
こっちは少しだけ期待していて(なんとか、誰かやってもらえないか)と妄想だけはしていたんだけど
まさかほんとに、しかも 2人で”おねだり”とくるとは! “ドキモニ”はずいぶん試されたことだしね。

すでにコンビとして抜群の評判を得るめぐと愛子様。
パファーマンスを堪能すればいいものを、どうしても色々考えてしまった。
髪型もそうだけど、日誌で最愛ちゃんが 2人をコンビとしてずいぶん褒めてて 命名まで考えてたな~ とか
“SU-様”役を務められるボーカルがいないなら 2人でやればいいじゃないか、こうやって!なるほど!とか
めぐはかけっこや色気()で優れるけど、歌やダンスはやはり今はまだ愛子先輩に軍配か、とかとか。
大量に潜伏していたと”メイト”さんからは「パーカーのかぶりっぷりは本家以上だな」と高評価w
「私、パパのお嫁さんになるんだ?」→ (ガガン!)左膝・右膝 → アッパー →
の連続技はまだ出来ない様子だった。生半可な修行では身につかないのだな、奥義は。

B4VE4J9CcAAx7_K

大コーフンの余韻残る中、ステージは進行していく。

 

8. “もってけ!セーラーふく” – ダンス部

『らき☆すた』は観てなかったけど、この曲は割と好きで当時結構聴いてた。
洋楽ばかり聴いてた私が、この頃からアニソンを聴けるようになっていったんだけど(略
この全員でのパフォーマンスは、別の代だけど動画でしか観たことなかったので、嬉しかった。主に由結ちゃんのダンスのキレを凝視してた。

 

ほんとに由結ちゃんは可愛いかったけど、みんな可愛いな。

そればかりか、本当の本物のサプライズ! ただ驚かせるだけじゃなく、驚かせるためだけの企画じゃなく、喜ばせて楽しませようと練りに練って、考えに考え抜いたのではないかと思えるような嬉しい内容。

ここでステージも MC だったかな~。途中端折ってしまったところも、できれば補いつつ 後日また後半を書きたいと思います。