高くなりすぎた自分の欲求。〜BABYMETALの今後の課題〜

高くなりすぎた自分の欲求。〜BABYMETALの今後の課題〜

BABYMETALのさいたまSSA公演楽しかったですね!
いろんな方がライブのレポートはあげられているので、自分は率直な感想を書こうかと思います。
すこしネガティブな方向の話もありますので、ライブの興奮、幸せな気持ちに浸っていたい方はここで離脱することをお勧めします。

 

高くなりすぎた自分の期待値

一言で言ってしまうと自分はすこし満足できなかったのです。なんでそういう感想になったのか、自分でも最初よくわからなくて音が良くなかったからかとか、席が遠かったからかとかいろいろと思ったのですが、どうやら違うようです。たぶん自分の期待値が高くなりすぎていて、それが外れたからすこしがっかりしたというのが一番近いフィーリングだなと自己分析しています。

ステージ自体はすばらしかったと思います。洋風のお城と神社を思わせる今までで一番豪華なセットに昇降する花道、凝ったライティング、神バンドの安定しつつも熱い演奏、所狭しと動き回る三人。それらがすばらしかったことを証明するように、自分と同じ場所で見ていた参戦2回目の友達は大興奮でTHE ONEに入ろう!というくらい満足してしていました。

おそらく、自分が幕張、ロンドンとおそらくベストなスタンド席でみてしまったことと、武道館、幕張、ロンドンと自分の中でのベストアクトが更新され続けてきたことで、もっと頂戴!もっと頂戴!とBLACK METARESIに変身してしまっていたようです(´Д` )

欲しがりすぎ、ダメ、絶対。ですね(´・_・`)

欲しかったもの

ほんじゃ、何がそんなに欲しかったのか、というのも書いておこうかと思います。

1.いい音
今回下手側のスタンド席8列目にいて、なかなかいい場所だったのですがちょっと音、特にSU-METALの声が何かくるそうに聞こえて結構気になってしまいました。友人はノイズぽいのがのってた気もするといっていたので、もしかすると本人の調子ではなくPAの問題かもしれませんが、いずれにせよ音ですこしまず引っかかってしまいました。その点はロンドンがPA真上のスタンドですごく良かったのでそれのせいかもしれません。

2.新しいもの
Road of Resistanceとかアワアワの曲あるじゃない、という声があると思いますが、自分としてはそれ以外の部分に手を入れて欲しかったなぁと思っていたのです。SSAの公演はMetal Resistance三章の幕開けを告げる大事な公演。さらに「キツネ祭り」とまで題されています。演出やセット以外でももっといろいろやって欲しかったです。
特に思っていたのは、神バンドソロが新しいバージョンになるんじゃないか?とか、あとひそやかに思っているのは既存曲のアレンジを変えるとか、そういう変化を求めていたのです。

埼玉で初めてBABYMETALを見たという人もたくさんいるとは思いますが、それでも古い人になれば4年間カラオケ・生音の違いはあれど、ほぼ同じアレンジで聴き続けてきているわけです。やはりそのライブでしか聞けないようなテイクというのが他のアーティストではあるので、そういう部分にも着手してもらいたいなぁと思っています。

今後の課題

BABYMETALの曲はアレンジも含めものすごく練って作ったものだとわかっているので、そうそう変えられないということはわかっていますが、「新しいものがなかなかでてこない」という部分に関して今後課題になってくるだろうなぁと思っています。キャパシティーが大きくなるにつれ、ライトなファンも増えてくることでしょう。そうした時に前回とほぼ同じ内容のものをそういう人たちが見たときに「前と一緒だったねぇ」という感想がでてきても仕方ないかと思います。それが続くとそういう人たちを繋ぎとめておくことは難しくなってくるかもしれません。
BABYMETALのライブはそのもの自体に力があり、「見れば満足する」ものではあると思います。ただ、やはりどんな美味しい料理も毎日食べていれば慣れてしまうもの。もっとその日その場でしか味わえないものを頑張ってスタッフはひねり出す必要があるのではないでしょうか。

今回自分でも再確認したのですが、特に自分は「音」以外には興味がないことがわかり、どんな豪華なセット、派手な演出をされたところで「どんな音、音楽がなっているか」が一番重要なのだなぁと思いました。それ以外は全部オマケです。

ちょっと今回いろいろと欲しがりまくった記事になってしまいましたが、次の幕張でどうなるか期待しています(ALL PITなのでドキドキしますが)。今回は「武道館での旅立ちから帰ってきたよ」という会であったと思うので、第3章の本格始動は次ということになると思います。
「トリロジー」「三種の神器」というキーワードも飛び出してきたので、何か準備していることでしょう。

それまで、さくら学院の父兄に変身して待とうと思います。

 

それでは!See you!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>