2015新春キツネ祭り参戦レポート又はクールジャパン展ありがとうの巻

IMG_3843
いよいよこの日がやってきました、1月10日新春キツネ祭り@埼玉SSA。
前日からもうメイトの皆さんのドキドキが止まらない状態が伝わってきて
こちらもハイテンションに(・∀・:)早起きしなきゃダメ・ゼッタイなのに
ついTHEONEのカウントダウン画面を眺めつつ、明日のTシャツに選びに
迷うaround50オヤジ。

翌朝、勢いよく大宮行直通の始発に乗り込み、「赤い夜」「黒い夜」「RoR」の
音源を聞きながらテンションを上げて行こうと思った途端、人身事故のアナウンスが(;´Д`)
なんとか15分程度の遅れでさいたま新都心駅に到着。そこで見た光景は好天に恵まれ
寒風吹きすさぶ埼玉SSAを1周する物販待機列でした。前入りしたBIOメンバーの皆さんに
ごあいさつしつつ大佐と合流。ここから待つこと約3時間ついに物販カウンターにたどり着き
ました(・∀・:)
IMG_3844
気になっていた手刷りキツネTは既にMサイズを残すのみの状態でしたが、
なんと自分の前で完売アナウンスが(;´Д`)
とりあえず、狙いのアイテムをゲットし、反対側のHMVブースのおみくじ列を冷やかしつつ、
今から約5時間どうしようか放心状態に(・∀・:)
空腹と冷え切った体を温める場所はと考えていたところ、同時に埼玉SSAで開催されている
クールジャパンのイベントがあるではないですか(・∀・:)大佐が目ざとくラーメン対決の
看板に目を付け、大佐の友人2名と一緒に階下のイベントに突入。
そこは簡易ステージ上でコスプレイベントが展開されるなか、ご当地B級グルメのブースが
立ち並ぶまさに超カオスな空間でした。300円のカレーやビールで空腹を満たすと徐々に
マッタリモードに、そこにどんどん黒いメイトさん達がフードコートに流入してきます。
後から合流したBIOメンバーやその知人の皆さんと楽しくお話をさせて頂き、
あっという間に時間が過ぎました。
物販の方法については皆さん色々思うところはあると思いますが、開演前のこうした
楽しい時間もBABYMETALのライブならではなんですよね。

そうこうしてるうちに開演時間が近づいてきました。皆さんが各自の待機場所に向かおうと
したその時、突如人力車を先頭にしたキツネ面の集団の行列が出現(・∀・:)

IMG_3847
噂のプレミアム入場列に会場のテンションも上がってきます。

自分は今回スタンド観戦なのでAゲートから入場し、早々に自席をキープ。
メタル縛りのDJタイム?はメタリカ・メガデス・メイデン・ドラフォ・パンテラ・ジューダス等
王道の選曲で盛り上がる中、斜め後方の席にはあのセーラー服おじさんがいて、その近所には
幼稚園児らしきお嬢さんに2人にヘッドホンを装着し、ライブ観戦という一家。そして隣には
自分よりも年上に見える初老の男性、しかもTHEONE Tシャツ着用。
まさに相変わらずのカオス空間(・∀・:)
IMG_3851
フロアがどんどんメイトさんで埋まっていく中、懐かしいBABYBONEのメンバーが
フラッグを振りながら会場を煽って行きます。最近ライブ会場で登場することが少ないので
コレはなかなか楽しい時間でした。
そして開演時間を10分程過ぎたところで、場内暗転。いよいよライブの開始です。
slide
紙芝居が始まり、昨年武道館から召喚され世界にメタルを布教してきた3人が棺桶に乗って
帰還してきた所で会場の盛り上がりは既に最高潮、そして鉄板の「メギツネ」から開始。
音がデカい!アイドルの音量じゃない(・∀・:)そして出島の近辺は大騒ぎになっているのが
見えます。PAのバランスはまあまあなんだけど、自分の場所ではキックの分離が今一つのような
感じがしました。3人は最初から飛ばしています、後ろのスクリーンに映った姿と実際の
姿を追うので忙しい状態です(・∀・:)2曲目は定番の位置になってきた「いいね!」
お約束の緑色レーザー光線の演出、そして久しぶりのラップパートに会場大盛り上がり
「これメタルじゃなくね、そーですね」が無いのが確かに惜しかった。
そして新曲がこの並びで登場、豊洲の時は色々把握できなかったけど、
悪いインターネットのおかげで大分把握できたので、今回はスクリーンを凝視し
キュートな振付を堪能。出来るだけ早い音源リリースをお願いますあわあわ。
そして、ピアノのイントロからここで「紅月」。SU様の調子はまだ若干本調子では
無い気がしましたが、後半に向けてどんどんパワーアップ、ギター神のソロパートも
絶好調です。SU様のソロの後はやっぱり「おねだり大作戦」いやもう大変な騒ぎ。
この2人の組み合わせは相変わらず殺人的な可愛さです(;´Д`)
暗転後、神バンドのソロが始まり4人の神が繰り広げるソロの応酬に、観客も大歓声で
応えます。ソロの流れからの「CMIYC」ステージセットの関係なのか、演出の都合なのか
とっておきの場所の振りが変更された事にショックを受けてからの(・∀・:)
「ウキウキミッドナイト」2万人の観客「キンキラリーン」は圧巻です。
そして個人的には待望の「4の歌」ゆいもあがステージを縦横無尽に行き来して
会場を煽ります。もうスクリーンを見ていいのか、本人達を見ていいのか
判断が付きません。そして再び神バンドのターン、「黒い夜」のCDと同じ流れで
「悪夢のロンド」に続きます。SU様は調子を取り戻した感があり、この会場を支配
しています、そして出島への架橋に乗ったまま上昇していく姿はまさに女神。
そして、お約束の不穏なイントロからの「ヘドバンギャー」ゆいもあのCO2噴射、
銅鑼を期待させておいてのフェイント(・∀・:)
続いて本編の最後の「IDZ」今回は英語版のビデオが流れてからのイントロ。
各ブロックで仕切られたフロアにはWODが渦巻いています。これは壮観な眺めです。
メタルのライブは数え切れないほど見てきましたが、こんな光景は初めてです。
2万人のダメジャンプとWE ARE BABYMETALコールで本編終了。
slide (3)
アンコールは「BMD」からスタート、そしてこれは外せない「ドキドキモーニング」
ここで紙芝居が上映、なんだよ「戦国WOD」って(・∀・:)最後に皆さんお待ちかねの
「Road of Resistance」フロアでは最後の力を振り絞ったWODが展開されています。
再びWE ARE BABYMETALのコール&レスポンスからの全編終了。そして6月に幕張にて
オールスタンディングライブの告知。あれ、新譜の告知ないの??

終わってみると、あっさりした感じでした。9月の幕張、12月の豊洲、そして今回の
埼玉SSAとここ4か月で3回のライブ参戦ということで、贅沢な悩みですが新鮮味が
薄れてきているという事でしょうか?選曲についても1stアルバム全曲とオプションとして
「君とアニメ」「no rain no rainbow」そして2曲の新曲が、神バンドで対応している
ナンバーのようです。アルバムとは言わないけれど、そろそろシングルのリリースは
欲しいところです。後は個人的な事ですが、ライブCDのリリース直後という事もあり
ヘビロテで聞き込んでいた結果、脳内でCD音源が再生されて「音悪いんじゃいの」
みたいな反応が当初ありました(・∀・:)
ただ、この規模の会場では新規の方や海外からのお客さんも多数参加されている
と思うので、初めてのBABYMETAL体験としては申し分のないライブだったと思います。

次回6月の幕張、会場は多分OZZFESTやKNOTFESTと同じ場所だと思います。
そこでどういったライブが開催されるのか、やっぱり期待しない訳にはいきません。
ワールドツアーの日程も順次発表されて行くでしょう。なんだかんだで
今年も引き続きBABYMETALを追いかける事になりそうです。

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>