情熱大陸 MOSH’SH MATE 大佐ジャパン(40)

推奨BGM

 

 

2015年1月10日 AM4:30 Mosh’sh mate の朝は早い

浴室(ザーッジャバジャバ)

朝はいつもシャワーを?

「今日はまずグッズ争奪戦なので身を清めてから行くんですよ」
「あと無精髭の顔を由結ちゃんに見せるわけにはいかないですからね笑」

この日、彼はさいたまスーパーアリーナで行われる
BABYMETAL LEGEND2015 新春キツネ祭りへ向かうため
『身を清める』として出発準備をしているところだった
彼が待ちに待ったこの日1日密着取材することにした

もう準備は出来てる?

「前日に全て終わらせました、あとはどれだけ会場に早く着けるかですね」
「起きてTwitterを見たら既に百人は余裕で超えてる様なので少し急ぎますね」
「チケット、着替え、財布、よし!大丈夫です」

AM 5:30 高速道路

ライブに向けてはどうですか?

「今日は日本では半年ぶりのライブ、それもSSAですからね気合いが入ります」
「先月の聖誕祭とは違った意味で超気合が入ってますね」

体調はどう?

「風邪やインフルエンザになったら洒落にならないので年末年始の間
手洗い、うがいは出掛ける毎にしてましたね」
「大事な商談とかより慎重でしたね笑」
「ところで、BABYMETALの事は知ってるんですか?」

この日初めて彼からスタッフへ質問があった

スタッフ『一応知ってます、色々と物議があるというのも』

「ははは、物議ですか
アイドルかメタルか、本物か偽物かなんて言ってる人は
これから先もいるんでしょうね~笑」

そう言われた事はあるのですか?

「もちろんありますよ笑
でも俺はそんな事どーだっていいんです」
「分かる人には分かるし、そんな事を言っている時点で
その人はライブを見てないって事ですよ」
「だから僕はライブに行くんです笑」

そう会話しながらナビに従い安全運転をする車内には
彼の大好きなBABYMETALが鳴り響く

車ではBABYMETALを聴くことが多い?

「そうですね、他にも聞きますが確率はかなり高いです」
「これは通称『黒CD』と呼ばれるもので最近出たんですよ、限定版です」

初回限定版というやつですか?

「違いますよ~」
「ファンクラブ限定で購入できる武道缶についてくる特典CDです」
「僕は武道館ライブ当日にアルバム購入した情報弱者なので・・・
せめて今から買えるものは買おうと決めてます」

CMIFCが流れる車内

「オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!」
「あ、すみませんビックリしました?つい笑」

照れ臭そうに笑いながらもハンドルを握る手ではリズムを取っている

「このバンドのソロパートから始まるCMIFCは本当に大好きな曲」
「まぁ苦手とか嫌いな曲なんて1曲もないんですけどね笑」
「あと由結ちゃん可愛いです」

由結ちゃんとは彼のお気に入りYUIMETALの本名だ
2015年ついに彼はさくら学院まで手を出そうとしているとの事

AM 6:45 SSA駐車場前

「駐車場オープンの7:00には間に合いました、さて…」

手慣れた手つきでスマホでTwitterを確認する

「もうSSAをほぼ一周しているそうです、7:00までに並べるかがポイントとなるでしょうね」

ポイントとは?

「グッズの売り切れですよ、人気商品や安価な物は早くなくなる可能性が高いです」
「アスマートで販売すればいいんですよ、そうすればここまで大騒ぎにはならないでしょうね」
「余ったらアスマートで売るかもしれませんが・・・」
「今日に限ってはグッズだけの話ではないですからね?」

グッズだけではないと言うと?

「あれ、意識低いですね少しは調べておいて下さいよ」
「おみくじですよ、新春キツネおみくじ!由結ちゃんの絵馬が欲しいんです!」
「少しは調べてこいよ…ったく(小声)」

どうやら彼は駐車場がオープンしていない
この待ち時間に苛立ちを感じている様子であった

「お!どうやら開きましたね」
「速やかに駐車してグッズ列に並びましょう」

AM 7:10 SSAグッズ待機列

「かなり並んでますね、これは売り切れも覚悟しなきゃな」
「おみくじ間に合えばいいんですけど・・・」

『ちょっとスミマセン一旦列を離れますのでお願いします』

列の前後の方に声を掛ける

「今日は色々な人に会う約束があるので列を確認してきます」

もう皆さん来てるのですか?

「そうですね、皆さん意識高いですから」
「僕もそれなりに頑張っていますが・・・」
「あ、今日のポイントは靴です『きつね』と書かれた赤いスニーカーです」

自作されたんですか?

「いえいえ10年くらい前に買ったんですが一度も履くことなくて
そういえば持ってたなと思い出して、正に今日のためにあるような
感じだったので壊れるの覚悟で履いてきました」

SSAの外周をグルっと一周すると数人と挨拶を交わす
その顔は笑みに満ちていた

「みんな仲間です」

ハッキリと言う口調は自信に溢れていた

「みんな大好きなんですよBABYMETALが」
「関東はもちろん広島、新潟、静岡、富山とか色んなとこから集まるんです
その仲間がロンドンで会ったりもしてるんですよ?凄い事ですよねホント」
「普段何してるか知らないし年齢も性別もバラバラです
だけどBABYMETALが好きという気持ちは同じなんです」

そう言うと列に並び直しジっと耐える時間が続く

寒くないですか?

「そりゃ寒いですよ笑 みんな同じです
でも今日は防寒対策バッチリしてきたので大丈夫ですね
ただ風が吹くとやっぱり寒いです。1月ですもんね苦笑」

AM 10:30 グッズ販売前待機列

そろそろですね?

「はい、待ちに待った感じですがTシャツで売切れが出てますね」
「プレミアムTはMしか残ってません、元々買うつもりではなかったので
自分としては問題ないのですがロットが少ないんでしょうね」

何を買うか決めてあるんですか?

「事前情報で確認してるんですが・・・決めてないですね
欲しいと言えば全て欲しいのでノリで決めます笑」

AM 11:00 グッズ販売前

「なんとか無事に買えましたよ」
「Tシャツとか家にも沢山あるんですけどダメですね
ついつい買ってしまいます。後でお金なくて困るんですけど笑」
「さぁ、次はCDとDVDです、行きますよ」

武道缶を買ったのでは?

「布教活動ですよ、BDは見れない環境の人もいますからね」
「BDは門外不出としてDVDは知人・友人へ貸したりもします」

CDとDVDを購入する予定ですか?

「はい、そろそろ順番ですね、どうしようかなぁ」

AM 11:20 CD販売前

買えましたか?

「CD初回盤、DVDとCD初回盤買いました」
「おもわずCD2枚買っちゃいましたよ苦笑」
「こんな事してもおみくじ当たるワケないんですけどね・・・」

AM 11:30 おみくじ待機列

おみくじは3回ですね?

「ちょっと黙ってもらっていいですか、集中したいので」

その目はこの日一番の真剣な眼差しだった
既に絵馬は2枚なくなり、残されたのはSU-METAL絵馬
そして3人の年賀状という状況だが
彼の眼差しは本気だった

AM 11:45 おみくじ引き換え所前

どうでしたか?

「小DEATH、中DEATH、中DEATHの3枚でした笑」
「当てたかったけどコレばっかりは仕方ないですね、諦めます」
「でもコレはSSAに来ないと出来ない事なので引けただけでも満足しています」

巫女さんの恰好した売り子さんでしたね?

「メギツネ風でしたね、一切見てませんでした」
「真剣だったので視界には入りますが気になりませんでした」
「メギツネMVでの由結ちゃん可愛いかったな(遠い目)」
「・・・・・・・・メシにしますか」

PM 12:30 SSA内1階

友人達と合流し、SSA内のクールジャパンフェスにて食事をする
様々な知人と挨拶をする彼の表情は終始笑顔だ

「みんなと会うのは楽しいですね」
「自主創作した物を記念にもらったりするのも良い思い出です」
「全部ちゃんと家の部屋に飾りますよ」

PM 4:00 SSA地下駐車場

「ちょっと着替えますね、見苦しいと思いますけど苦笑」

そう言うと彼はジョギングランナーの様な服装に着替える

なぜコンタクトにしたんですか?

「メガネ外せって歌ってるじゃないですか笑」
「というかPITなので落としたりしたら大変なのでコンタクトにします」
「今日はユイメタル新春トマト祭りTシャツで行きます」

 

PM 4:30 SSA入場待機列

寒くないですか?

「Tシャツ1枚ですからね寒いですよ、当たり前でしょう」
「でも周り見て下さいTシャツだらけですよ、みんなヤル気です」
「でもやっぱり今は寒いなぁ(ガタガタ)」

BABYMETALのライブではTシャツ1枚というのが
どうやら彼のなかでのルールとなっているようだ

PM 4:45 入場開始アナウンス

「よっしゃ入場してきます」

楽しんで来て下さいね?外でお待ちしています。

「全力で楽しんできます、それでは」

そう言い残し彼はSSAに入っていった

 

そして・・・

 

PM 8:00 SSA正面前

お疲れ様でした、どうでしたか?

「最高だった、超最高だった!Tシャツ触って下さい」

スタッフがそのTシャツを触るとびっしょり濡れていた

汗ですか?

「当たり前ですよ笑、色々あってアチコチ痛いですけど」
「最高でした」
「前に部下が言ってたんですよ『怪我してナンボ』ってね笑」

ライブで怪我ですか?それは危険なんじゃ?

「ま~危険と言えばそうなんですけど・・・」
「でもね現場に来てみたら分かると思いますよ」
「40歳のオッサンがここまで汗ダクになりアザとかできる理由が」

激しいライブなんですね

「そうですね、激しいけど笑顔なんですよ」
「部下は女性なので隣の人の髪の毛がぶつかって痛いとか言ってました」
「似たような事はあるんですが楽しいんですよ本当に」

そう言い切る彼の顔は何か大きな仕事をやり遂げた
達成感のようなものを感じ取れる顔つきだった

これからどうするのですか?

「とりあえず着替えます笑」
「今日は友人達とは絡まずに帰ろうかと思います」

打ち上げ的なのはしないのですか?

「仲間達はどこかでやっているのでしょうけど・・・
今日は車だしアルコールはダメ、ゼッタイですからね」
「あと、一人になって余韻に浸りたいという気持ちもあります」
「だから今日はコレで帰りますよ」

そう言うと彼は朝と同じ黒CDを聞きながら車を運転する
しばらくすると急につぶやいた

「ああ~、ダメだ~」

どうかされましたか?

「ライブ思いだしちゃって涙が・・・」
「うううぅぅぅぅ~・・・」
「あ、すみません」

ライブ本当に楽しかったようですね?

「楽しかったですね、次回は6月幕張メッセです」
「あと由結ちゃん可愛かったなああああ」
「はぁぁぁぁ・・・・・」
「ホントすみません取り乱しちゃって」

PM 10:00 自宅前駐車場

今日は1日密着させていただき有り難う御座いました

「いえいえ、とんでもない」
「俺の密着なんか需要あるんですかね?苦笑」
「きっと誰も興味ないですよ・・・」

最後に質問です、あなたにとってBABYMETALとは?

「一言じゃ言い表せないですけど・・・」

「生き甲斐・・・ですかね」
「自分の少年期に聞いてきた音楽をこんな形でまた聞くなんて
思いもしなかった、メタルが楽しくなるなんて考えもしなかったんですよ」
「アッサリ世界を驚かせたと思うかもしれないけど、全然違いますね」
「彼女達3人が最前線に立ってやってること」
「あれを見たらもう追わないワケには行きませんよ」
「なので今の僕にとっては『生き甲斐』と言ってもいいかもしれませんね」

夜空を見上げながらそう言った彼の目には
うっすら月明かりで光るものが見えたような気がした

「それでは朝も早かったので眠いし、風呂に入りたいです」
「そろそろ終わりでいいですか?」

はい、ありがとうございました
またライブの時は取材させてもらっても?

「気が向いたらね」

「それでは! See You 」

 

そういって家に入っていった彼の後姿は満足げだった

BABYMETALが掲げる目標は『世界征服』
メタルレジスタンスで世界をひとつ(ONE)にする

日本での知名度はまだまだな存在であることは否めないBABYMETAL
しかし彼のようなファンが日本中はもちろん
世界中に存在するのもまた事実

BABYMETALが今後ますます活躍し
彼のようなファンがもっと世界中を埋め尽くし
誰もがBABYMETALを知っているようになったころ

アイドルかメタルか、偽物か本物か
そんな事を言いあっていた事が懐かしい

そんな風に思える日が来るのはそう遠い未来ではないのかもしれない

~おわり~

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>