[超長文]新春キツネ祭り参戦記

[超長文]新春キツネ祭り参戦記

他のAUTHORのように上手な文章は書けないが、書かずにはいられない感動がそこにはあった。
それだけのために恥を忍んで投稿するのだ。
間違いがあったら笑い飛ばして欲しい。それだけ興奮していたということで。

 

始発に乗るのは人生で初めてだ。

週末だからか、地方から都会に遊びに出る人が多いのだろう。中にはスーツ姿の者も。程なく席は埋まり立ち客も出始める。

こんな早くに、と思うがそれは俺も同じ。人生いろいろだ。

 

この車両の中の何人かは俺と降車駅を同じくする者が居るだろう。

そう。今日の目的地はさいたまスーパーアリーナ。BABYMETALの新春キツネ祭りだ!

 

夜の帳が明けぬ中、さいたま新都心駅に降り立つ。膚を突き刺す寒風吹きすさぶこの地に、猛者達は既に集結していた。その数約千人!愛すべき大馬鹿者達よ、俺もその列に加わらせて頂く。

 

見知った顔と挨拶を交わし、友人とBABYMETALについて話していれば時の過ぎるのは早く、あっという間に物販開始だ。暖かい陽射しをくれる澄み切った空がキツネ祭りの開催を祝福しているようで幸福感が周囲を包む。

 

今回は朝10時から物販開始ということで、一旦荷物を持ち帰る時間があるせいか皆の顔に余裕が見える。

しかし気づけば物販列はSSAを一周し更に延びているようだ。

チケットの落選祭りから始まった新春キツネ祭り、なんのことはない、集まっているじゃないか。安心と共に期待感が高まってくる。

 

物販は大人買い、HMVでメギツネ衣装の売り子と写真を撮って浮かれつつ、一旦友人宅へ戻り戦闘準備だ。

 

SSAに再び降り立つとそこはカオス。Mosh’sh matesだけでも大人から子供まで、コスプレ、外人、半袖まで!

それに他のイベントも有るのだから空間全体がまさにお祭り騒ぎだ。

残念だったのはプレミアムチケットのキツネの入場を見られなかったこと。盛り上がっていた事だろう。本当の所中で何があったのか…後で聞き出したい所だ。

 

さあ、いよいよ入場だ。初めてのSSA、やはり広い!漏れ聞こえる客入れSEがテンションを上げる。波に乗って進むと目的の217扉だ。いざ戦場へ。

 

なんと!!下手側スタンドの最前ブロックじゃないか!しかもほんの少しだけ見下ろす絶妙の高さ。

ステージはセンター出島に左右出島。スタンド最前列からは手の届きそうな近さだ。

出島に朱塗りの橋で結ばれるメインステージは煉瓦積みの城のようだ。和洋折衷。

 

程なく客電が落ち紙芝居が始まる。紙芝居とはいえBTUKから続けてのフルCG!

メタルレジスタンス第一章を終えヨーロッパへ召喚され、第二章をやり遂げたBABYMETALが帰って来た。今日は第三章の始まりだ!!

 

ききききたあああああ!!メギツネ!!!

センターステージからせり出した3人はガガツアーばりの和装衣装!しかし柄が入った新作だ。

 

SSAのデカい会場のど真ん中に降り立ったBABYMETALの3人、それだけでもう感涙(T_T)

ステージに近い場所の為、後ろから彼女達を見守るような形で、泣きながら一緒に歌う。今日のライブは最高だ。もはやこの時点で決まっている!

 

正直ライブレポは苦手だ。ハイになってセトリも内容も途切れ途切れにしか覚えていない。(言い訳)

 

3曲目位か、噂の新曲!ビリビリしたデジタルノイズが炸裂したかと思いきや神バンドの重低音といつも以上のカワイイダンス!

あわーあわー○○とフリコピしてしまう。初見なのに何故踊れるw

おっとっと周りが大人しい!踊れ踊れ〜!!

 

いつもの曲、いつもの神バンド、だけどいつも楽しめる!

今日は低音も切れよく分離もいいので、パンチがあるのにとても聞きやすい!

SU様ビシッと調整してきたな!声出てる!ハリと伸びがあって気持ち良いー。しかもドスを効かせるよりカワイイめの歌い方だ。

俺的ハイライトはロンド。SU様完全にキツネ様が降臨してる…どころかキツネ様さえ従えてるのでは?

皆も記憶に残っていると思うが、吊橋の先端に足を掛けたまま昇る様、そして頂上での絶唱。会場中が圧倒されて息を呑んでいた。もう涙ダクダク。

すごい、凄いよ。これを観られた、この場に居られた俺達は幸せだ。

 

神バンド、特にledaさん熱かったなあ。クールなプレイのイメージだったけど、下手スタンドを煽る煽る!

ちょっと遠慮がちだった周りはちょっと戸惑いつつ喜んでいたようだけど。

 

4の歌、武道館ver.。「いっくよー」と「せーのっ」は本物でした。ああ、由結ちゃんかわいいの人の気持ちが解る。

スタンドならではの楽しみ方として、ノるだけでなく双眼鏡も持ち込んだので生でカワイイを表情まで観られたのは4あわせ。

 

SU様の声と神バンドで耳福、ゆいもあすぅのダンスで眼福、ピットの高速サークルも見て楽しんでるとあっという間にアンコール。

さすがにコールがまとまらなくなるけど、ちょっと残念。

 

そして最後の最後、Road of Resistance!!

 

ピットを見るとデカいわデカい!左右じゃなくて対角線に分かれている!!

やばい!ステージを見るかピットを見るか迷う!!

 

うおおお!! フラッグ持った3人カッコイイ!!!

クサいメロディも超カッコイイ!!!!

騎馬ダンスもカッコイイ!!!!!

これ以上無いぐらい声を張り上げ、シンガロング以外も歌いっぱなしだった。

BABYMETALライブの終わりを飾るにふさわしい曲だと素直に思った。スッキリ終われる感じ。

 

いやー感動、感動!! 凄かった。素晴らしい!AWSOME!!

 

ライブが終わると隣の人と気持ちを共有したくてつい声を掛けてしまう。ご夫婦で2回目の参戦とか。やっぱり新しいファンが増えてるな。

 

近くにいた友人と合流し出口へ向かう。

口から出る言葉は凄かった、良かった、感動した、そればかり。

人々、いや、THE ONE達は皆上気した顔で幸せそうだ。俺もニヤけていたに違いない。

 

あれだけ寒かった外の空気が心地良い。

会場の熱気を冷ましてくれるだけでなく、そこに幸せが満ちていたからだろう。

2回めだが言う。ここに来られた俺達は幸せだ。そして海外から来た愛すべき大馬鹿者達は超幸せ者だ。
彼らはこの興奮を国に持ち帰るだろう。そして僕らのレジスタンスは広まってゆくのかも知れない。

 

本当に楽しかった。広い会場や経験値によって楽しめた度合いは変わるかもしれないが、俺にとっては1,2を争うベストアクトだった。

ありがとうBABYMETAL、ありがとうTHE ONE達。

 

この後もお楽しみは続くが、ライブレポとしてはここで一旦締めたいと思う。

長文の上にヘンテコな口調で申し訳ない。

ご拝読ありがとうございました。

 

追記

ヘドバン新年会での事、大神様曰く、RORは「無茶ブリ」だそうですw

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>