こんにちは。FUJI3です。

先日初投稿させて頂いたのですが、私が初めてBABYMETALを聞いた時、どうしても受け付けず聞けなかったことを素直に書いたので twitterに「こら!あんな書き方失礼でしょ!プンプン!!」とかってお怒りのメッセージくるかなぁと覚悟していたのに「共感した」という意見が大半で安心したと同時にビックリしました。

同じハマり方をした方も多かったと聞き、何だか嬉しくなりました。そして読んでから感想伝えて下さって本当にありがとうございました。

今日は続きを書きたいと思います。

海外フェス動画のお陰でBABYMETALの凄さを目の当たりにして以来毎日ひたすらYouTubeで色々聴き漁っていました。
しかしYouTubeを見れば見るほどに、ちゃんとした映像や音源が聞きたい、綺麗な音で聞きたい!という欲求が高まってくるのです。

私にBABYMETAL布教をした人……布教した人なので宣教師ということで今後は仮に宣さんとしましょうか。
宣さんにBDを貸りようと。
本当はCDも借すよと言ってくれていたのですが、正直毎日YouTubeで聞いてるしCDくらいならもう買っていいと自分でも思っていまして。

そしたらですね、宣さんが言うのです
「俺、初回限定盤二枚持ってるから一枚譲ってあげようか」と。

もうその時点で私はキョトン顔ですよ。

なぜ同じアルバムを二枚買っているんだと・・・・。

初回限定盤と通常版を買うならまだ分かる・・同じのを二枚・・だ・・・と?!

これが全力でBABYMETALにハマっている人の普通なのか?!

怖い!全力って・・・・・怖い!!!!!

そう思いながらも、じゃ、、、じゃあ一枚売ってください。と。

ちょうどその時は新宿のユニカビジョンでBABYMETALのLIVE映像が流されていた時だったので宣さんがじゃあ飲みに行くついでに見に行こうぜと。
18時だったかユニカビジョンの見える喫煙所前で待ち合わせて一緒にLIVE映像を見つつ周りのサラリーマンの方々のリアクションを見つつ踊りまくって歌う3人を大画面で見ましたよ。

そしてうちは同時に大画面の中の三人を心から嬉しそうに見る宣さんを見て、これが全力でBABYMETALにハマっている人の顔なのか!!としみじみ思ったのです。

満面の笑み。ニヤニヤだ。完璧だ。全力だ!!!!

それからまぁ居酒屋に行ってひたすらBABYMETALの話を聞くわけです。
話している間もとても嬉しそうなのですよ。いい大人が!!!

大人になってからも勿論楽しい体験というのは色々味わってきたと思うのですが、
どれだけ話しても話し足りない!とか、嬉しくて勝手に顔がニコニコする!とかっていうのは子供の頃に比べて残念なことに少なくなったなぁと私は思うのです。
でもBABYMETALはその感じを年月重ねたいい大人にももう一度味わわせてくれているんだなぁと思いました。

さて居酒屋にて楽しい会話とともに
【LIVE LEGEND I,D,Z APOCALYPSE】のBDを借りて、初回限定盤を入手しました。

帰宅して、次の日iTunesにCDを入れて、早速BD見ました。
IもDもZもほぼ同じ曲なんですよね、出してる曲数が限られているから当たり前なのですが。
なのに飽きずに繰り返し毎日というほど見てました。

宣さんが「聞いた?見た?どうよ?」とちょいちょい聞いてくるので「うちはこの曲が一番好きや!」とか「聖誕祭ってなんなん?」とか「どっちがゆいちゃんでどっちがもあちゃん?わかれへん」などと今思えばとてつもなく酷い次元の疑問とか全部ぶつけてました。

そして衝撃の事実を宣さんから聞くのです。

「IDZのLIVEやった頃はまだアルバム出てないんだよ」

・・・・?

?何言ってんだこの人はと思いました。

普通バンドってアルバムだしてからツアーとかやるもんだという認識だったのです私の中で。
それがBABYMETALはアルバム出す前に赤坂ブリッツとかZeppとかをお客さんで埋めてるわけです。

理解した瞬間に、またですよ。また尊敬してしまうんです。
すごい!!!この子達すごい!かっこいい!!と。

家にいる間はBGMのようにずっとBD流して、車に乗ったらiPod流して。
初回限定盤についてるサマソニ2013とか見たりして。
毎日なにかしらでBABYMETALを耳にしていました。

本当にひたすら聞いていたんです。

宣さんとやりとりするときには「また聞いてんのかよ!」と呆れられるくらい聞いて見てました。

そうして一ヶ月程経ちました。

宣さんが言うのです「初回限定盤のオーコメ聞いたー?」

?何言ってんだこの人はと思いました。(2回目)

何その洒落た感じの穀物の呼び方。

「・・オーコメって、・・・なんなん・・・・・?」

「お前オーコメ知らねぇのかよ!!!」と宣さんにビックリされつつも操作方法教えてもらってですね、聞いたわけですよ人生初のオーディオコメンタリートラック

「わああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!
 可愛い声がしゃべっとるうううぅぅ!!!!!」

もうね、ぶったまげましたよね。
可愛くて。可愛すぎて。

先日までYouTubeで見てた海外のガチメタラーを煽っていた人たちとは思えないんですよ。
普通に女の子がお喋りしてるんですよ。キャッキャと。可愛くお喋りですよ。
ハートわしづかみされましたよ。

正直これだけ聞いておいて、まだこの頃は自分の中で大きな葛藤があったんです。

いい大人が、自分の年齢の半分もいかない女の子達を見て盛り上がるのって何か・・いいのかなと。
変な罪悪感というか。なんせ未知の世界なんです。

私が若い頃はDickiesとVANSとPIZZA OF DEATHのパーカー着てスケボーして怪我して笑ってたわけです。
私が社会人なりたての頃はダブルのライダース着てRED WINGのエンジニア履いてアメリカン乗って笑ってたわけです。

それが、今、女の子見て悶えてていいのかという自問自答。

今までの自分を全否定しているかのような気持ちになるわけです。
カッコイイものが大好きだったのに目の前で流れるオーディオコメンタリーに悶えてるわけですから実際。

悩んで悩んで、いいのか、これでいいのかと。

悩んだ結果は簡単でした。

別にカッコイイものもカワイイものもなんだって好きでいいのですよ。
METALだろうがアイドルだろうがどうでもいいんですよ。
自分勝手でいいのだと。自分が統一されてなくったって関係ないのです。勝手にしやがれ。

『かわいいは正義』

間違いない。

今では声を大にして言える。

由結ちゃんかわいい!!!

追伸 3人共大好きです。