「THE ONE限定ライブ『黒ミサ』に行って来た」の巻

「THE ONE限定ライブ『黒ミサ』に行って来た」の巻

ご無沙汰しております、HOZです。
BABYMETALのTHE ONEメンバー限定ライブから早くも2週間が経過し、本日メキシコライブが行われました。
メキシコライブめっちゃ盛り上がってましたね!
凄い熱気でYoutubeを見てたら自然と涙がキラリ☆してましたよ!

っていう感じで、もうすでに旬の話題ではなくなってしまったTHE ONE限定ライブ『黒ミサ』のレポを書きたいと思います!(おせぇよって言わないでね。テヘッ)

 

Episode1:試練

今回のTHE ONE限定ライブは『黒ミサ』『赤ミサ』という2タイトルで2日間行われ、黒は男性のみ赤は女性のみが入場可能というものでした。
私はもちろん男なので黒ミサに行った訳ですが、今回の黒ミサには今までのライブと違い『ドレスコード』なるものが指定されていたのです。
それが何かというと『白塗り』。かっこよく言うと『コープスペイント』ってやつです。

これを見た瞬間に「え?」って思いましたよね。
白塗りなんて人生で一度もやったことないし、どうやってやるかも分からないし、何を使ってするかも分からないしって感じでしたがチケット申し込みのときは取りあえずドーーーンって感じで申し込みましたよね。
倍率高いだろうし、外れる可能性の方が高いし当たったら考えよーって感じでしたね。
そんなことを考えてたらまさか本当に当たるとは。。

当たった喜びと、白塗りをどうしようという感情のミルフィーユが自分の頭をグルグルと回って辿り着いた結論は『美容師さんに丸投げしよう!』でした。
我ながらの他力本願です。
速攻で知り合いの美容師さんに「なんとかしてくださいよ!!!!!!」と上からのメッセージを送りなんとかやってくれることになって一安心。
あとはそのとき(黒ミサ)が来るのを待つだけとなりました。

 

Episode2:変身

黒ミサ当日、私は13時半まで仕事をして15時くらいから美容室に行って白塗りをする予定でしたが、Twitterを見ると白塗り中のメイトさんの画像がワラワラと。
しかもみんなクオリティ高めなんですよね。ぶっちゃけイケメン多くて引きましたよ。←
って感じでそうこうしている間に15時になりました。いよいよ私も白塗りをするときが来てしまいました。

私に白塗りをしてくれるのは、表参道にあるオシャレサロン『CIRCUS by BEAUTRIUM』です。
いや、本当にここサロンは日本でもトップクラスのヘアサロンなんですよ。。過去にカリスマブームを作ったサロンのひとつなんです。
こんなサロンでまさかの白塗り。
本当に良くOKしてくれたよな(本当にありがとうございました)。
メイク中は俺の後ろを通り過ぎる美容師さんが笑いを堪えてたり、絶対に視線を合わせないようにしていて結構カオスでしたね。

 

Episode3:出陣

白塗りが終わった。
私が生まれ変わったのである。
Twitter見てたらみんなかっこよくなってた。

tumblr_mgleuva3Jy1qbfc98o1_500_zps14ac04cf

そうそう。俺もこんな風にイケメンに生まれ変わったはずなんだ。
白塗り最高!新しい自分こんにちは!
よーし!表参道から渋谷まで気分よく歩いちゃうぞっ!
表参道のキレイなおねーさん、、、「私ですよっ!!!」

ふう。そういえば、この日のために自撮り棒を買ったんだ。よし、自分を撮ってみよう!

IMG_4977

あれ? なんか思ってたのと違う。。
寄り気味でもう一回撮ってみよう。

IMG_4975

ああああああああ!!!!!!!!
パンダだ。これパンダだあああああ!!!!!!!

名称未設定 1

ううううううう(´;Д;`)
どうしてこうなってしまったんだ(´;Д;`)
突然表参道なんてオシャレな街を歩いてるのが恥ずかしくなって来たよ(´;Д;`)

けど思ったんだ。パンダって可愛いじゃん?
可愛いって正義だと思うんですよ。つまり「可愛い=女の子が寄ってくる」ってこと!
もう世の中には希望しかない!よーし、(パンダで可愛いから表参道のオシャレなおねーさんに声掛けられちゃうと思うけど)渋谷までグングン歩くぞー!!!

 

 

 

………ううううう。。外人さんが遠くから写真撮って来る以外人が寄って来ない(´;Д;`)

誰だよ可愛いは正義とか言ったヤツは(´;Д;`)
もう開き直ろう。
日本人にはパンダは人気がなかったってことだな、うん。
キレイなおねーさんが冷たい視線を送ってくるぜ。。
くっそ、、くっそ。。。。
けど、、、悪くないよね。

 

そうこうしてる間に渋谷に到着しましたよ!
自分アレなんですよね、あのお方と一回写真撮ってみたかったんですよ。
誰かって? そりゃハチ公先輩に決まってるじゃないですか!
ハチ公先輩は渋谷生まれの渋谷育ちで悪そなヤツとは大体友だちな超VIP犬ですからね!
ということで初めてツーショットを撮ってみました。

IMG_4978

ハチ公とパンダの歴史的ツーショットです。
後ろにいる方々にはモザイクをかけてしまいましたが、この歴史的ツーショットを暖かい微笑みで見て下さっております。

この勢いに任せて外国人観光客に人気の渋谷スクランブル交差点でも写真撮っちゃいました。

IMG_4981

如何でしょうか?
無表情ですが、実は結構楽しんでやってます。
そして今思うのは職質をされなくて本当に良かったということです。

んで、トコトコと歩みを進めて途中でコンビニでお金をおろしたりしてようやく『黒ミサ』の会場となるO-EASTへ到着しました。

 

Episode4:混沌

会場に着いたら白塗りの男ばかりが終結してるんですよね。
アレは本当に恐ろしい光景でした。
それよりも良い年齢の大人が平日の木曜日17時くらいに一体何をしているのかね!?ってことなんですよ!
ただ白塗りで細部までは分からないけど、みんな良い笑顔なんですよね。

会場外では記録の神(だっけ?)なる方が現れてメイトの写真を撮るっていうイベントもあったんですね。
ありがたいことに私も撮って頂いて、またホームページで晒されちゃうのかな、なんて思っておりました。
それにしてもこの記録の神が可愛かったんですよねー!小柄だし小顔だし。マスクを着けていましたが、多分外してもとても可愛いんだろうなーって私はそんなことばかりですよ、ええ。

IMG_4988なぜかO-Crestのロゴとパンダ

会場の外では当日参加されないのに、白塗りを出来ない人のためにわざわざ会場まで来てお手伝いをしているメイトさんも複数いてホッコリした気持ちになったり、仲の良いお友達の変な顔を見たりしてめっちゃ面白かったな。
やる前は不安しかなかったけど、やってみたら結構面白かったな。

IMG_4990なぜかホテルの前で撮るパンダ

 

Episode5:会場

いよいよ会場が始まりました。
遅めの番号だったのでゆっくりと入場口に向かって行くと何やら引き返してくる白塗りが。
何かと思ったら今回のライブでは保険証など性別の分かる身分証が必要だったんですが、それを忘れてしまった方だったのです。
赤ミサでは男性が会場内に入ったという噂もあるので、結果何のためのチェックなんだかよく分かりませんでしたが。

会場内に入って2階からフロアを覗くと顔面が白い人たちがたくさんで本当に謎空間になってましたよ。
今まで見て来たバンドのライブの中で一番カオスな空間だったな。

SEをノリノリで聞きながら、のんびりと待っているといつものナレーションが始まりました。

 

Episode6:晒し

今までのメンバー限定ライブは過去映像を30分くらいダイジェストで流してました(すぅちゃん聖誕祭は外したので謎)が、さて今回はどうなるのだろうとワクワクしながらナレーションを聞いていると、「この中でも特に気合いの入ったコープスペイントをしている人を紹介しよう」みたいなことを言い出しました。
取りあえずよく分からないけど「うおおおおお!!!!」みたいに言っといて映像を見続けるとモニターに外で記録の神に撮られた白塗りオタクがズドンと晒されてるじゃないですか!
そしてキツネ様に繋がってるやらなんやらで、キツネ様が色々と質問をしてくるんですね。

内容はメタルネームやメタル歴、好きなBABYMETALの曲など。
キツネ様とメイトさんのやりとりをニヤニヤと眺めてたら4人目で私が映し出されたじゃないですか。
う、うわあああああああ!!!!!!!なんて思ってたら隣にいたお友達のレアさんが俺をリフトして更に晒してくるじゃないですか。
何やら「ほずーーーー」「ほずさーーーん」と声を掛けてくれていた方々もいらっしゃって本当にありがとうございます。(ペコリ)

んで俺は何を聞かれるのかなー?って思ったら「キツネじゃないのか?」と突っ込まれ、「メタルネームは?」って聞かれたものの何回言っても聞き取ってくれないという。
キツネ様ドSだぜ…
挙げ句に「進行の都合上ここで終わる」と言われ、キツネ様からの認知を剥がすことができないままキツネ様とのコミュニケーションは終了。(リフトしてくれたレアさんありがとう)

ここでストーリーは急転直下。
何やらA-KIBAからの刺客がメイトの中に混じっていたらしく、そいつにメタルの魂を取り戻す儀式を行うという。
どうやるのかと思ったら、ベースの神BOHさんが登場し、一気に盛り上がる場内。
BOH神はベビーボーンに羽交い締めされているA-KIBAの刺客の顔にマジックペンで「イジメダメ」と書き、見事メタルの魂を取り戻してHAPPY ENDに。

こうして圧倒的な茶番感が漂う茶番が終わったのである。

 

Episode7:狂乱

そしてBABYMETALのライブが始まった。
最初からいきなり来たのはRoad of Resistance!
もうビックリでしたよ。「うおおおお!!!!」っていう驚きの歓声と同時にモーゼの十戒のように割れるピット。
私の対岸にビールさんもいて、テンションがブチ上がりましたよ、本当に。
そして1、2、3、4で一気に割れたピットが中央に一気に流れ込みます。
そこからはもう音に合わせて身体を動かすのみ。

RoRに続く2曲目は「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」。
この曲はみんなで「きんきらりーーーーーん!!!!」するのが本当に最高なんですよ!

3曲目は「アワアワフィーバー(仮)」です。
このダンス本当に可愛いよね。
良い大人がみんな手で大きな輪っかを作り「あーわーあわあわわわふぃーばー」なんてニコニコしながら歌ってるんだからBABYMETALって凄いよなって本当に思いますよ。

そして神バンドソロが始まり、その後に続く4曲目は「Catch Me If You Can」。この曲はノリやすいですよね!
個人的に「まだまだ行くよー!」が結構ツボだったりします。

5曲目はSU-METALソロの「悪夢の輪舞曲」が始まります。あの変拍子のリズムであんなにも安定して歌い込めるなぁっていつも感心しちゃいますよ。私的に輪舞曲はBABYMETALの中でもトップクラスに好きな楽曲なんですが、曲の荘厳さと相まってSU-METALが本当に神々しいんですよね。
これに続くはBLACK BABYMETALの「おねだり大作戦」。これはもう安定感がありますよね!「結婚するならやっぱりパパー」のところは何回聞いてもブチ上がります!

そして「メギツネ」が7曲目に来ました。SSAの主役だったと言っても良い楽曲ですよね。初めてこの曲を聞いたときは「和テイスト入れちゃった」って思ったんですが、今となっては大好きです!
早くみんなと「ソレソレソレソレ!」をしたいです!
続いて「いいね!」で「お前の物は俺の物ー!」とジャイアニズムを発揮させてからの「ヘドバンギャー」が9曲目に。もうこの時には体力はスッカスカで、俺の命を繋ぐペットボトルも気付いたら消えていたので本当に気力でしたよ。

そしてラストは「イジメ・ダメ・ゼッタイ」です!
黒ミサの最初と最後にW.O.Dで盛り上がれるなんて最高でしたよ!
BABYMETALの楽曲の中でも最高に盛り上がる曲ですからね!

そしてBABYMETALの三人はいつもの「シーユー!」とだけ残して颯爽と袖に消えて行きました。
やっぱり新曲も発表も無くこれで終わりかなー?なんて思ってましたが「これで本日の公演は終了となります」っていうアナウンスが来ない。『あっ、あれ?まさか、、、まさか来ちゃうの??』なんて思ってたら、周りも徐々にアンコールをはじめるし紙芝居来ちゃうかー!って思った矢先に終了のアナウンスが。
俺の、、俺のドキドキを返してくれええええ(´;Д;`)

 

Episode8:終焉、そして

終わった。
俺たちの黒ミサはこれで終わった。
正直後方でずっとワチャワチャしてて、あの子たちを合計で10秒くらいしか見れてない気がするけど本当に充実した時間だった。
会場の外に出ると一心不乱に自分の白塗りを消している軍団が。
塗ってるときもカオスだったけど、消してる光景もまたカオス。
そんなことを思っていた私もゴシゴシゴシゴシと一心不乱に消していたことは包み隠さず伝えたいと思う。みんなこれが“THE ONE”だよ v(`ゝω・´)キャピィ☆(違う)

 

今は日本から遥か遠くのメキシコの地にいるBABYMETALの3人。
ファンカムを見て受け入れられ方が凄過ぎて、多分世界各地でライブしても彼女たちにとってホームみたいな感覚になるくらいなんだろうな。
日本であまりライブをすることがないことにはちょっとした寂しさはあるけど、世界でドンドン活躍をしてもらいたいっていう気持ちの方が大きいんだよね。
BABYMETALはどこまで世界に通用するのか。これからどういう風に変化していくのか、俺には分からないけど今以上に世界中の人を魅了するんだろうなっていうのは何となく分かります。
これからも全力でBABYMETALを応援するよ!!!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>