LEGEND “I” 参戦記②

LEGEND “I” 参戦記②

←LEGEND “I” 参戦記①

入場

入場が始まる頃にはO-EAST入り口となる階段付近は人で一杯だった。そして、番号を呼ばれるとともに階段上で更に細かく整列させられ、もう一度番号のチェックを受け入場した。2階から1階へと向かい前から3列目あたり(確か上手のお立ち台前あたり)を確保した。

ライブスタート

客電が消えると、ライブがどう始まるのかが最初の楽しみであった。何といっても最初のワンマンライブ、大きなセットが現れてそこから登場するのか、可愛く挨拶しながら登場するのか、いろいろな想像をすることができた。しかし、O-EASTの両端にあるスクリーンにLegend “I”の文字が映し出され、紙芝居がスタートした。そして、巨大勢力”アイドル”に立ち向かい、メタルの復権を目指すためにBABYMETALの活動が始まることが告げられた。歓声が上がり、ソニスフィアのメインステージで拍手喝采を浴びることなど考えられないくらい知名度の低い3人のもとに集結し、力では到底叶わない巨大勢力に立ち向かうんだという一体感が感じられ、ドキドキした。

そして、「BABYMETAL DEATH」が始まる。前回紹介した1秒バージョンは公に出ていたが、ロング(通常?)バージョンは今回が初めて。存在すら知らされていなかったので、これが「BABYMETAL DEATH」というものであることすらまだ知らない。メンバーの動きを見ていると曲というよりオープニングパフォーマンス(場合によっては本公演限定で終わりそう)というように感じられた。しかし、ファンの動きはある程度揃い、仲間意識が芽生えると同時に、ノリ方が分からないことに焦りを感じた。

次は、「いいね!」。初期の曲は生歌を想定していなかったらしく、今回が生歌はほぼ初めてと思われる。「現実逃避行」のところなど非常にキーが高く歌いづらそうであるが、それをキレのいいダンスとともに歌ってしまうSU-METALが神々しく思えてくる。そして、レーザー光線を使った照明も今回が初めて(Legend-Iでは「いいね!」以外の曲でも所々使われていた)。客席からステージを見上げた時の光線が降ってきそうな感じは、実に美しかった。それに加えてパフォーマンスで手を抜かないBABYMETALが合わさって、確固たる世界観を作り出していたかのようであった。

Animation0

「君とアニメが見たい」。これは、当時映像が非常に少なく(「いいね!」発売記念イベントが唯一であったはず)、ちゃんと見たのは初めてに近かった。ちょっとアイドル色の強いアレンジで、BABYMETALの世界観に合わないのではないかと思っていたが、暗いライブハウスで聴く分には悪くないと思った。

「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」。ライブ映像は当時皆無であった。この曲は映像なしだとアイドル色が薄く感じられ、BABYMETALの世界観に合わないのではないかと思っていたが、ダンスを見てその考えが一気に吹っ飛んだ。可愛いすぎる\(^o^)/ 因みに、当時のラインナップの中では最もダンスが難しく、ゆいもあがべそを掻きながら練習したという。

そして、いきなり紙芝居が入る。YUIMETALとMOAMETALがチェケラッチョコを食べてしまう。この2人もそうだけど、この先BABYMETALはどうなってしまうのだと不安になる。

「おねだり大作戦」で骨パーカーを来たYUIMETALとMOAMETALには衝撃を受けた。こんなに小っちゃい2人のパフォーマンスにどう反応していいのか迷ってしまう。それから3年後の今でこそ、ライブの中で「パパー」って叫べるけど、初めてこのパフォーマンスを見たこの時はある種の罪悪感を覚える。と、思いつつステージを見て、ズキュンドキュンされた気持ちになった。

そして、待ちに待った「紅月」。といっても、「おねだり大作戦」の衝撃が強すぎて、SU-METALのソロもあるんだぐらいにしか思えなかったのが率直な感想。とはいっても、声の伸びを聞いていると癒される気分になった。

この時点で初めてMCで休憩をするのではなく、この2曲で交互にメンバーが休むのだと察した。

「ド・キ・ド・キ☆モーニング」。前回のイベントで惜しくも見られなかったため、実は今回が生で見るのは初めてだった。映像では何度も見ていたけど、ファンの反応はあまり予習していなかったので、「リンッリンッリンッ!おはようWake Up お・ね・が・い!チョ待って!チョ待って!」のところをどうやるのかを分かっていなかった私はファンのフリコピの揃い具合にビックリした。当時ですら既に現場の一体感が凄かったのだ。そして、すぅちゃんの甲高い声と、YUIMETALとMOAMETALのスマイルが可愛らしく感じられた。

そして、アンコール。先ず、ギターの神、ベースの神、ドラムの神が紙芝居で紹介されるが、なんのことかさっぱり頭に入っては来なかった。次に、上手にあるサブステージのカーテンが開き、棺桶からSU-METALが登場する。こういった演出の手を抜かないのも凄いと思い、世界観に引き込まれた。

3人がメインステージに移動すると「ヘドバンギャー!!」が始まる。DVD見れば分かる通り、ここから神バンドによる生演奏。しかし、意識が半分飛んでいる自分の耳には演奏が入って来ない上、今までBABYMETALの世界観になかった白塗りした人たちがステージに居るのだ。この人たちは何者か、そして演奏は本当に生なのか、判断する力は残っていなかった。「ヘドバンギャー!!」のダンスをフルで見られるのも私にとって初めてであった。MVとサウンドだけだと可愛らしさはあまり無かったが、フリにはちゃんとアイドル成分が残されているのを実感し、やっぱりBABYMETALの世界観は凄いと思った。この公演以降はダンスが完全に頭の中に残っていなかったとしても曲を聴けば雰囲気が頭の中で再現でき、曲自体のイメージが少し変わった。

そして、待ちに待った「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。これを見るために現場に来たといっても過言ではなかった。この記事で書いた通り、音源すら一部しか聞けなかったのでどんな曲か楽しみであったが、アンコールの1曲目に来ないので、披露されないのではないかと不安に思っていた時にSU-METAL「なぜ人は傷つけ合うの・・・」の声が聞こえ、鳥肌が立った。意識は半分飛んでいたので、曲の構成の全てまでは頭に入らなかったが、客の一体感と、ステージ上の3人の神々しさが記憶に焼き付けられた。我に返った時には曲が終わる寸前であった。素晴らしい曲だけど、音源化されるのか、そしてされた時にはこの長い曲がどんな存在になるのか頭の中で巡らせていた。

Animation1

 

ライブ終了

「We are BABYMETAL!」、「See you!」。1時間強とライブとしては短めではあったが、非常に濃い内容であった。そして、赤坂ブリッツでのLEGEND “D”が発表され、会場が盛り上がるが、次のライブのことを考える余裕すらないほどの満足感であった。DVDの映像ではこれで終わっているが、その後に重大な発表があった。2013年1月19日に「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が発売される!とたんに、会場が「いいね!」コールで包まれ、ファンの一体感の凄さを再認識した。「イジメ」がCD化されて直ぐに解散の可能性もあるが、取り敢えず音源で聴けるようになることを知ったことで、この日が楽しみになった。

ライブ中、何度も激しい圧縮で潰されて一時は呼吸できなくなるのではないかと思うほどであった。それだけに、ライブ後は来ていたシャツ(ベビTじゃなかった)がビショビショになった。

BABYMETAL DEATH MATCH TOUR 2013 -五月革命- FINAL BATTLE参戦記 →

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>