BABYMETALの2015年を振り返る〜輪を広げた一年〜

BABYMETALの2015年を振り返る〜輪を広げた一年〜

どうもこんばんは。
気づいたら2015年ももう終わりに近づいてまいりました。皆様年の瀬いかがお過ごしでしょうか。
私は今年はライブ一色の一年でBABYMETALに始まりさくら学院、久しぶりにいったサマーソニックや初めていったLoud ParkやOzfesst。DragonforceやHalestormなどの海外アーティストのライブなども行ったりしました。たくさんのライブをみて、「やっぱり音楽はいいな」と思った一年でした。

さて今回は横浜アリーナのレポを書くタイミングを完全に逸したので、BABYMETALの2015年を振り返えろうと思います。相変わらずですが細かいトピックは追いませんw

全世界ドサ回りツアー

今年一年を表すと、「全世界ドサ回り」だったんではないかと思います。LIVE AT BUDOKAN 〜RED NIGHT〜が1月にリリースされましたが、その段階で新しい音源はRoad of Resistance一曲(特典の音源で配布)。5月にEU/UK版のオリジナルアルバムを出しましたが、そこでも曲目は同じ。今年は日本においてはLIVE AT BUDOKAN、海外においてはEU/UK版のオリジナル盤を引っさげてのツアーという位置付けであったと思います。

Road of Resistance、あわ玉、違う、と少しずつ日本では新曲を出して次への一手を見せつつも、淡々とライブをこなしていった印象があります。今年は日本は足踏み時間といいますか5月にオリジナル盤を出してしまったがためのお休み時間だったと思います。
もしBABYMETALが海外にリーチしていなければもう少し早く夏くらいの段階でニューアルバムの発表があってもよかったと思います。しかしメインターゲットが海外になりつつ現状、5月にアルバムだしてすぐに日本でアルバム出すって非常にスケジュール的によろしくない。だから、日本を待たせる形で集客を増やすためのライブ(Zeppツアー)が組まれたのだと思っています。

おそらく日本ではたくさんの一見さんが来ただろうし楽しんだ人も多いと思います。BABYMETALの足場を固める大事にな一年になったとおもいます。
でも私は、やー、まったよ。待った。
ちらほらこれまでもブログで書いてましたけど、正直今年は疲れました。多分行き過ぎました。THE ONE限定ライブなのに特別なことは何もしないし、2013年の頃にはあったカバーやリメイクみたいなこともしなくなったし、BABYMETALが続くことも見えてるし「次の一回に行かないといけない必然性がすごく減った」と思った一年でした。別に今回スルーしてもまた一緒でしょ?と。
でもその分、横浜ではいきなり胸ぐらつかまれて「これでもか!これでもか!!」とヤられた感じがしまして、もう本当にゴメンなさいと思ったし、「まってたのはこれだ!」とも思ったし横浜見て「一年待たせやがってーーー!!」って第一声を泣きながら発してました。
横浜ではただ単に「新曲をやった」というのではなくて、「BABYMETAL動き出すからな!覚悟しとけよ!」というメッセージがガーーーーンときました。
やー、あんなん見せられたら来年否が応でも期待せざるをえません。

広がる円

2014を例えるならば、WODの初期段階。一人が声をかけ始めたところだと思います。
2015年はぐるぐる回ったり、周りを押したりして円がどんどん広がっていく状態。日本国内や海外でも認知度を少しずつ広めBABYMETALの輪が大きくなっていった年。

であるならば、2016年はWODのクラッシュの年ではないかなと思うのです。来年東京ドーム公演が発表されていますが、アルバムリリースやSSEアリーナ(Wembley)の公演も控えており、飛び出す準備はOKです。どんなWODができるんでしょうねぇ。またすごいことになるんだろうなぁ。というかなって欲しい。アメリカ公演も発表されており来年もBABYMETAL情報の収集は大変だろなぁ、と今から考えております。

そんなわけで来年も応援したいBABYMETALですが、あんまり期待しすぎるとKOBAMETALに焦らされるのであんまり多くを期待しないで楽しみにしようかと思います。

 

最後にBABYMETALの三人、まだ高校生だし本当にすごいなぁと思うのです。
それはそれとして自分がBABYMETALと他のアーティストさんを比べたりすると「キャリアが違う」とか「高校生があんなに一生懸命ステージやってんのに」ってお声をいただくことがあるわけです。
でも彼女たちを1アーティストとしてみるならば、高校生とかキャリアとか関係なく「どんなライブをするか」だけが評価の基準だと思っています。ステージに立つ以上みんな一生懸命だと思います。3姫は相変わらずとても可愛いですが「いかにも子供」というビジュアルからも卒業して、BABYMETALもまだ当分続くことが見えている今「このライブをなぜ見逃せないのか」という理由は薄くなっていると思います。だからこそもっと「その日に行ってよかった」と思えるようなサービスがあってもええんとちゃうんかね?と思うのです。別にMCなくてもいいし、新曲じゃなくてもいい。派手な演出じゃなくてもいい。でももっとサービス精神あってもいいんじゃないの?ってずーっと前から思ってます。

そういう意味でメンバー3人、神バンドの面々は毎回ベストを尽くして素晴らしいステージングをしているけれど、もうちょっとどうにかならんのかねとKOBAMETAL氏には意見を向けたいと思います。

 

スケージュール弾いてみたらいろんなことやるには超ハードスケジュールなのもわかるし、神バンドを引き連れたが故に音は良くなったけど、バンドじゃないから「その時だけの曲」ってのはすごくやりにくくなったし、あっちこっち飛び回ってる中新曲の作成もあれば、ステージ構成の決定などなど死ぬほどいろいろやることあるのはわかってて、KOBAMETAL超忙しいのは容易に想像つきますが、メタレジうっせーなぁと思う方も多いかと思いますが「とはいえ自分はこう思う」という意見を来年も言わせていただこうかなぁーと思っております。

今年一年私の駄文や、BABYMETAL Biography の記事を読んでいただいた皆様ありがとうございました。来年もライブ楽しみましょう(• .̫ •) 

それではしーゆー!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>