METAL RESISTANCE視聴感想(ネタバレ極力なし)

METAL RESISTANCE視聴感想(ネタバレ極力なし)

どうもこんにちは。
最近めっきりSAKURA RESISTANCEしておりました、METAL RESISTANCEです。

ついに!

ついに!

待った!

待ってた!

この時を待ってた!

BABYMETALの2ndアルバム「METAL RESISTANCE」が4/1に発売されます!
アカウント名がアルバムタイトルと被ってて、本当に申し訳ないですヽ(;▽;)ノ
そしてすでに3/29にはタワーレコードとアスマートでは初回限定盤が発売されました。
もはや発売日の概念って何ー?(笑

私も昨晩聞きまして、さくら学院の卒業式ですこし感傷的になってた気分が吹っ飛びました。

数曲聞いた段階で

( ゚∀゚)アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\

と笑いがこみあげてきました。

( ゚∀゚)アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\

11時ごろから聞き始めたんですが、気が付いたら2周聞いておりました(笑

まだ発売前ということで具体的な感想はおいておいて、全体的な印象についてだけ触れようかと思います。

徹底的にこだわった音作り

ぱっと聞いた感想は「音がすげぇ」。
一曲一曲かなりソリッドな演奏で、編曲、音作りに対して相当作りこんできたな、と感じました。それはすでにライブで聞いたことのある、「あわだま」や”チガウ”でおなじみの「ヤバッ!」を聞くだけでも感じます。ライブで聞いた印象よりカッコいい!!

音のバリエーションはかなり広く、ミクスチャー系、スカ系、メロスピ系などなど、できることを全部詰め込んできたような印象です。どの曲もシングルカットされてもおかしくないような完成度とバリエーションです。
1stがアイドルに軸足を置いてメタルの要素が混ざった音とすると、2ndはメタルに軸足を置いてBABYMETALらしさを出したという音になると思いました。かなりガリガリのメタルに音を振ってきています。こりゃ「なんちゃってメタル」じゃない。

パワーアップしたボーカル

また特筆すべきはYUIMETAL、MOAMETALのコーラスワーク。これまでスクリーム担当となっておりましたが、2ndでは結構歌っており二人の声が楽しめます。また3声による和声にも挑戦していて、これがまた綺麗。
BABYMETALの歌と言えばSU-METALですが、YUIMETAL、MOAMETALも確かな存在感を放っています。

そしてSU-METAL。
余すところなくその美しいハイトーンボイスを奏でまくり、1stよりもはるかに説得力のある歌声になっています。横浜アリーナで披露されたTHE ONEは言うに及ばず、他の曲もSU-METALの魅力全開の曲が続きます。

3人それぞれのボーカルに注目です。

ハイテンションで疾走する一枚

ここまでテンションを高く保って1曲目からラストまで突っ走るアルバムは久しぶりに出会いました。約54分のアルバムですが全力疾走のマラソンのように突っ走ります。
待たせてくれただけはありますな!!
参りました!
笑った!( ゚∀゚)アハハハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\

正直、2枚目微妙だったらどうしようとか思ってたんですよ。
あれだけの1stを超えるってそうそうできるものじゃないし、「あーなるほどね」くらいの反応で終わったらどうしようってちょっと思ってたんです。
でもそれを上回ってきたチームBABYMETAL。
すげぇよ。

KOBA氏も相当プレッシャーあったと思うんですが、まぁよくこんなもの作りましたね。
メタ太郎とか意味不明だし!

また賛否ある一枚になることは間違いないと思います。
またもしかしたら2ndの音はちょっと苦手って人もいるかと思います。

ただ「ふーん、では済まされない一枚」になることは間違いないと思います。
このままいけるとこまで行け!

俄然ウェンブリ―楽しみになってまいりましたーーー!!!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>