2016年8月17日 BABYMETALの白ミサライブに行ってきたぞ!の巻

2016年8月17日 BABYMETALの白ミサライブに行ってきたぞ!の巻

こんばんは。
ほずです。私はほずです。
8月17日に私はBABYMETALのライブに行ってきました。

今回のライブは普通のライブじゃなかったんですよね。
白ミサって題されているライブだったんですが、ドレスコードがコープスペインと(顔面白塗り)だったんですよね。
って言っても実はこの白塗りイベント自体は複数回やっていて、私は約2年前の黒ミサ(当時のレポはコチラ)以来の白塗りでした。

当時の私は白塗りっていったらパンダしか浮かばなかったんですよね。
けど本当は私だってかっこよくなれるはず、、、そう信じて完成した理想と現実がこちらです。

名称未設定-1

うん。酷いですね。
帽子はチクチクと手縫いして自作しましたよね。
それもあってか、所謂記録の神の方に撮影して頂き、会場内で晒されたのも良い思い出です。

そして月日が流れて2016年8月17日に二回目の白塗り体験となる白ミサに参戦しました。
その日はお盆休み明けのド平日だったため、午後休みを取ったものの即上がりすることができず16時半くらいに東京テレポート着に。
私は最初から自分での白塗りを諦めていたので、友人のめちに頼んで白塗りをしてもらうことに。
お影様でステキなパンダ(工夫もなく前回と一緒)にして頂きました。(めちありがとー)

白塗りも完成したし、さて前回自作した帽子を再び被るかー!って手に取ってグイーっと頭に被せようとしたら。














破けました。

2年前から一度も被ってなかったですからね。
ゴムが劣化していたのでしょう。
この瞬間ぼくのテンションがだだ下がったのは言うまでもないですよね。
めちが良い感じのパンダにしてくれたのに中途半端な仕上がりにしてしまい申し訳ない。と思ったような思わないような感じになりました。

IMG_4150

どうにもならないのに、どうすることもできないのに、現実を受け入れられずインカメラにして試行錯誤する私。

IMG_4151

見てください、この表情を。
パンダの白塗りをしているのにも関わらずションボリ顔というのが分かります。
どんだけショックだったんでしょうか、私は。
あんなに「白塗りとか本当にないわー」「白塗りつらいわー」「白塗りアボーーーン」って言ってた男の表情でしょうか。
我ながらヒドイな!って本当に思います!

fxAAreNw

良く分からない感情になり、なぞのポーズで写真を撮られるアラフォーの姿がそこにはあった。ていうか、私だった。

まぁ、そんなこんなのテンションになりましたが、入場のお時間がやってまいりました。
若い番号が滅多に来ないぼくにしては珍しく、整理番号が81番と久しぶりに良い番号だったので、「ワンチャン最前を」と考えていましたがピットに入ったらすでに一柵目は既に三列くらい人がいる状態。

最前を取れなかったら、いつも通りワチャろうと最初から考えていたので三柵目の前で待機することに。
三柵目の柵最前にスキンヘッドなさひ君がいてくれたので、ライブが始まるまでお話をすることができました。開場からライブスタートまで1時間半も時間があったので本当に助かった…。これ一人だったら暇を持て余して多分結構辛かったと思うです…涙

色々とお話してたら「みなさま。そろそろお時間です」的な場内アナウンスが流れてきて、会場内は「おおおおっ!!!」というテンションに。
SEが終わる度に「おおおおっ!!!」てなるの面白いなって思いつつ私はそのときが来るのをのんびりと待っていました。
そのうちSEがピタッと止まり、「MCもアンコールもない」的なムービーが流れ、私にとってはかなりお久しぶりの『BABYMETAL DEATH』が来た瞬間に瞬間湯沸かし器のように私のテンションは最高潮に。

『BABYMETAL DEATH』の圧倒的始まった感は、何年経っても色褪せませんよね。
本当は白幕があったらもっと最高なんですが。
個人的には照明の発光とともに白幕にメンバーの影が大きく映り込み、ギターのチョーキングと共に白幕が落ちてメンバーが姿を現す。っていうあの演出がめっちゃ好きなんです。

そんな感じで、久しぶりの『BABYMETAL DEATH』がきたことで、帽子が破けてしまってテンションだだ下がりだった私は一瞬で消えていなくなりました。
始まった瞬間に案の定圧縮でみんな前に行ったので、(少しですが)できた空間を有効活用して頭振ったり、手を上げてブンブーーンてしてみたりして、とりあえず最初から楽しすぎる!

ちなみに白ミサ東京公演1日目のセトリはこんな感じ。

01:BABYMETAL DEATH
02:ヤバッ!
03:いいね!
~神バンドソロ~
04:Catch me if you can
05:GJ!
06:Amore – 蒼星 –
07:ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
08:メギツネ
09:ヘドバンギャー!!
10:Road of Resistance

こう振り返ってみると、1stが6曲で2ndが4曲と1stの選曲が多め。
Road of Resistanceに関しては2nd発売前からライブでやっていたので、新鮮味でいうと若干薄れている感じですかね?

って今振り返るからこんな感じに考えられますが、ライブを体感しているそのときはもう何も考えず、ただひたすら来る音にあわせてアウアウアウアウと身体を動かすだけでしたよね。
だから正直細かいことなんて全然記憶していないわけですが。。。

私のBABYMETALのライブの楽しみ方は、基本的に頭を振ったりモッシュしたりっていう感じなんですが、1stの曲に関してはこれにプラスしてフリコピも混ぜています。
2ndの曲は実はあんまりフリ覚えてないんですよね…。

脱線してしまいましたがライブの話に戻すと、2曲目の「ヤバッ!」は由結ちゃん最愛ちゃんと「違う違う」って声出したり「おーい!おーい!」なんて言いながらギューギューの中でピョンピョン跳ねてみたりとしてました。
スペースがあったら頭を大きめにブンブン振りたくなっちゃう曲なんですが、ゼップじゃ仕方ない。
あと2ndの曲はやっぱりまだ新鮮味があってライブで聴くととても楽しいなーって感じます。

3曲目と4曲目は「いいね!」と「きゃっちみー」でした。
もう何度も聴いてきて、何度もフリコピして、何度も声を出してきた曲ですよ。
神バンドソロが来たら「きゃっちみー」的なところありますよね。
そろそろ違うパターンも見てみたいなーっていう気持ちはありますが、この流れも好きなのでなかったらなかったで悲しいんだろうなって思ってみたり。

そして由結最愛コンビの「GJ!」です。
日本人なら慣れ親しんだ三三七拍子のイントロで始まるこの曲。
私はサビ部分が本当に気持ちよく身体を動かすことができると思ってるんですよね!
スネアの小気味いいリズムに合わせて身体を動かすだけで気持ちよくなれます。ウンウン
間奏部分では出来ればみんなで肩組んで大きく頭を振りたい系の曲ではありますが、やっぱりゼップじゃ仕方ない。仕方ないよ。

今回のすぅちゃんソロは『Amore – 蒼星 -』でしたね。
この曲はすぅちゃんの歌声がしっかりと聴けるので結構好きなんですよね。
紅月と比べられることがどうしても多くなりがちだけど、どちらもすぅちゃんっぽくて良いなって思ってます。
と言いつつも実は『悪夢の輪舞曲』が大好きだったりしますが。テヘッ

7~9曲目は1st3連発でしたね。
中でも『ヘドバンギャー!!』を聴けたの嬉しかったなぁ。
なんだか『BABYMETAL DEATH』と同様に久しぶりに聴いた気がしたよ。
実際には4月の新木場コーストでも聴いているんですが。
さすがに狭すぎて土下バンは出来なかったけど、何でか不思議かこの曲はフリコピをとてもしたくなっちゃうんですよね。バンバンババン

んでラストを締めるは『Road of Resistance』ですね。
かなりギューギューのゼップではございましたが、さすがにこの曲が来たら小さくてもいいからとりあえず空間は作りますよね。
ピット自体がギューギューなので、空間を維持するために後ろに体重掛けつつも目の前にいるすぅちゃん(この日始めてと言っても過言じゃないくらいしっかりと視認した)に見蕩れてましたよね。
ぱっかぁ~させるために手を閉じては広げてを繰り返すすぅちゃんはまさに『蕩れぇ~~~~!』でした。真剣な表情がよいですよね!ニッコリ

さて、そんなこんなで「ワンツースリーフォー」と始まりこの日最初で最後のWODが始まりました。
色々な方と揉みくちゃになって、ワヒャヒャワヒャヒャヒャと言いながらみんなでムギュムギュすることが何とも楽しいことよ。
そしてラストにみんなで「ウォーウォウォウォー」なんて一丁前に歌ってみちゃったりしてね。

「ふへぇ~ライブ楽しいよぉ~~」「まだまだ遊びたいよぉ~」なんて思っていても決まりごととは無常なもので、BABYMETALの三人が「シーユー」と言って颯爽とステージから消えてしまうわけですね。
10曲しかやらずライブの時間は約1時間。
確かに短かったし、むしろ開場からライブスタートまでの待ち時間の方が長かったわけだけど、不思議とそういう不満よりも満足感の方があったんですよ。
それくらいライブ自体濃密で楽しめたってことなんだろうなぁって。

ライブ終わってからも知り合いに会っても「いやぁ~今日は楽しかったねぇ」みたいな会話ばかり。
みんなも知らないところで楽しんでたんだなぁって思うとライブって最高だなって思うんですよ。
なので好きなアーティストがいるけどまだライブを直で観たことがないのであれば、その方々のライブに足を運んでみてもらいたいなって思うわけです。
BABYMETALじゃなくていいんですよ。
もちろんフルフル☆ポケット(Twitterカウントはコチラ←)のライブだっていいんですよ。
ライブに行ったらその人たちの音楽がもっと好きになると思います。
耳でだけ聴いてた音を身体全てで体感することができますからね。
なーんて、そんな知ったようなことを言ってみましたが、向き不向きはあるとは思うけど今までとは違う楽しみができるはずなので、ライブにはドンドンと行ってみんながハチャメチャ楽しめたらよいなと思います。

けど、私のチケットは残しておいてね…涙

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>