RED NIGHT/BLACK NIGHT雑感〜最高到達点と最高のお土産と〜。

RED NIGHT/BLACK NIGHT雑感〜最高到達点と最高のお土産と〜。

昨日のことを思い出ししつつ、ぼんやりしながらこの文章を考えています。

BABYMETALのツアーファイナル東京ドーム公演、RED NIGHT、BLACK NIGHT、すごかったー。良かった。なぜだか涙でた。

初日はTHE ONEシートのC4ブロック(センター最前ブロック)の前の方で見させてもらって、ものすごくステージから近い所で見させてもらいました。
二日目はバックネット裏5列目という野球であれば超特等席、でもライブだとネットが目の前にあって邪魔という席で見てました。ただ場所的には最高で、上手下手の両花道を同時に視界に入れることができ、全体が見渡せる位置でした。

全然見えなかった!という席もあるようなので、自分がかなりいい席で見せてもらっていることを自覚しておりますが、両日ともすごくよかった。

ただ、いろいろ思い返しているのですが、何がよかったのかうまく説明できません。
なんだか凄いものを見た、そんな感じで一瞬で終わってしまいました。
何回も聞いている曲が多いし、何度も見たダンス。
でもなぜかものすごく瑞々しい気持ちになって、何度も見たはずのものなのに新しい興奮と驚きを感じました。

ちょっと自分の話になるのですが、自分は武道館前からBABYMETALのライブには行っていたのですが、どハマりしたのは武道館の赤い夜で、あの時も涙を流して「凄いもの見た」と興奮したのを今でも覚えています。あの時と同じような興奮が東京ドームにはありました。
それはもしかしたら東京ドームが完全に武道館のオマージュで、武道館を見た人ならば思い出さざるを得ないシーンがたくさんあったからなのかもしれませんが、でもそれを見ていないひとも一様に興奮していて、ただのオマージュであれだけのひとを盛り上げることはできないし、純粋にあの頃から比べてパワーアップしているんだと思います。
(とはいえ武道館のメンバーでの神バンドソロで泣きましたがw Ledaさーーーん!!)

あとひとつ嬉しかった嬉しかったのが、自分の幼馴染が初参戦で天空席(2階ほぼ最後列)だったのですが、それでも「疎外感なくて楽しかった^^」と言ってくれたことです。今回の舞台セットについて賛否があるのは知っていますが、あのセットはできるだけ多くの人に楽しんでもらおうという最大限の運営側の頑張りだっと思います。
姿が見れない時間帯がどの席にもあったし、ずっと見ていたい人には不満があったと思いますが、あのセットは良かったと思います。

今更ながらのBABYMETALの凄について

今更ながら、BABYMETALって何が凄いんだろう?って最近思うわけですが、結局「全部」ってなるんですよね。全部入り。

今年、さくら学院を追っかけてTokyo Idol Festivalなるアイドルさんの集うフェスに行ってきたり、他の対バンイベントとかも行ったわけなんですが、BABYMETALを超えるポテンシャルあるなと思ったグループはさくら学院含めてないなと思ったのです。
歌のクオリティ、振り付け、ダンス、曲のインパクト、可愛さ、ステージの熱量、演出、観客のパワー。それぞれをパラメータ化したら、どこかの面でBABYMETALを超えるパラメータは幾つかあっても、全部クリアしてこれる人たちって自分の中では見当たらないのです。それはアイドル以外に枠を広げても同じで。別に他のアーティストをけなしたい訳ではないのですが、客観的にBABYMETALが今日本で一番世界でリーチしている理由は全方向的に強いからだと言い切ってもいいのかなと思っています。

実際に観客を見ても、あんなハードな音しているのに老若男女集まっていて、いろんな人が笑っている。ある一つの方向だけにベクトルを向けたグループであれば、こんな事態にはならないと思うのです。どんな人もいろんな楽しみ方ができる、こんな素敵なことってないですよね。「THE ONE」とはよく言ったものだなぁと思いました。

3人の進化

正直に申しまして、2015年は私少しBABYMETALから心が離れていたのですが、その理由の一つがSU-METALの声が少し出にくそうで、声の訴求力が少し2014と比べて弱いと感じていたからです。当時もあれ?って思ったし、今音源を聴いてもそう感じます(特にキツネ祭り)。MOAMETAL、YUIMETALのインタビューでもSU-METALは声で苦労していたというから、その印象はたぶん近からずとも遠からずなんじゃないと。(※個人の印象です
それが横浜アリーナで完全に違う人になってて、新しい声をもらったんじゃないかと思うくらい抜ける声になってて、さらにドームで磨きがかかったと思います。もともと出てた高音だけじゃなく、低いところもすごく響くようになってて、とんでもない歌い手だなと。

あとYUIMOAのダンスってもともと揃ってなかったんですが、去年くらいからどんどん揃うようになってきて3人のダンスがすごく美しい。これぞMIKIKOイズム。
ちょっとドームは移動距離が多いからか省エネかな?と思うところはありましたが、素晴らしかったです。

これで18歳と、高校生なんですよ。
ここまで完成したステージを魅せられるって尋常じゃないし、普通に練習してるだけじゃこうはならないし、もう本当に脱帽です。
どんどん昨日の自分を超えるのが大変になってくるとは思いますが、これからも成長が楽しみです。

高い次のハードル

昨日でひとまず国内でのひとまずの到達点には来てしまって、ますますハードルは高くなってきたBABYMETAL。次の発表もなくひとまずお休みですが、それでよかったかなと。
ずーーっと切れ目なく告知を打ってきたので、相当スタッフもいくつもの平行作業があったでしょうし、次の一手を打つまでじっくり休んでいただきたいなと思います。
それまで気長に待ってます^^

武道館の時も、BRXTONの時もこれ以上はないかも?と思いましたが、彼女達とチームBABYMETALは超えてきました。Wembleyについてはすごかったけど、これがスタートだとも感じました。
まだこの先の景色を彼女達は見せてくれるんじゃないだろうか、そんな気が今しています。

最後に、どうやら炎の装置の故障?でそのオイルが花道に溜まっていたようで、SU-METALが転んでしまい3人で大笑いをしているのを見て、この3人だからやっぱり好きなんだなーと思いました。
ものすごい3人だけどそのコアは仲良しのティーンの女の子達。
あの時はヒーローの変身が解けてしまったような、そんな感じでしたね。
でもあんな3人だからとても大好きになれる。本当に愛おしい。

コルセットのお土産がありましたが、それ以上に最後の3人の笑顔がお土産になったのではないでしょうか?

それではSee You in Next Resistance!

Share this Story

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>